イサーン逍遥

e0100152_20481785.jpg
妻子が2週間程一時帰国しており、時間もあったのでモーチット迄出向いてポンと来たバスに乗ってみました。
タイムリーなそのバスはサコンナコン行き。
未踏の地であったので願ったり叶ったりであります。

e0100152_20485301.jpg
途中、休憩を二度程挟みバンコクから揺られる事10時間弱、サコンナコンのバスターミナル周辺には特に何もなさそうだったので
市場行きと書かれたソンテウに乗ったのですが、これが珍道中の始まりでした。
辺鄙な村のはずれの市場だったんだですよ。
もちろんバスターミナルに戻るソンテウはなく(1日2便)当たり前のように宿もありませんでした。
この途方に暮れる感、久しぶりです。
これが東南アジアでなかったら、こんなに落ち着いて宿も足も無い状況を楽しめる筈もないんですけど。


e0100152_20482319.jpg
当たり前のように食堂も1軒しかなく、限りなく望み薄な中「この辺りに宿とか泊まれる場所ありませんかね?」
と訪ね歩いたところ、「あんた、どこから来たの?、日本?、じゃあそこの先の区長さんご夫妻が20年日本に住んでたから行って訊いてみるといいよ」という天啓のような一言。

e0100152_20483105.jpg
タイ語でもイサーン語でもなくもちろんラオ語でもなく「パーサー・ヨー」というベトナム語に近い発音の地域だったので
なかなか言葉が通じず疲弊しかけていたところへ日本語堪能なご夫妻がいらっしゃって、結局そのお宅の離れに1週間程
居候をすることになりました。
ミニマートを経営していらしたので店を手伝いながらのサコンナコン生活です。

e0100152_20490327.jpg
「イサーンのガイヤーンが食べたいんですが」とご夫妻に伝えましたら近所のお宅で元気な鶏を絞めて
解体までしれくれるそうで、着いた当日の夕飯はガイヤーンでした。


e0100152_20502071.jpg
締めたての鶏肉をナムヂムに漬け込んで炭火で炙って食べるんですが、超絶美味です。
e0100152_20502718.jpg
鶏の生血をビアリオと割ってキンキンに冷やして一気に飲み干すのですが、これまた超絶美味です。









ウソです。
e0100152_20505109.jpg
e0100152_15392385.jpg
まともな食堂も皆無といった状況だったので滞在中は近所の幾つかのご家庭にお邪魔して様々なイサーン料理を頂きました。
見ず知らずの人間を台所まで通してくれて食事や時には酒までも供与して下さるというイサーンの方々の懐の深さに
只々平身低頭の想いであります。
e0100152_15393568.jpg
コンビニもATMもなく現金の流通量も極端に少なくて(ヨレヨレの紙幣が村の中であっちに行ったりこっちに行ったり)
現代的な経済活動こそ、目立ってはいませんでしたが新鮮な野菜や肉、魚、たわわなフルーツ、豊かな米で地域は溢れていました。
独居老人も見かけなかったと思います。
e0100152_15394420.jpg
e0100152_15395441.jpg
近所のご家庭の中で最も頻繁に訪れたご家庭の長老のお婆さん。93歳。
10人兄弟の末っ子で、ご自分も10人のお子さんの母。
ラオス人の旦那は10人目が産まれる前にパクセーに行ったきり戻らずだったそうで
ほぼ一人で10人の子供達を育てたのだそうです。
近隣親類との助け合いが強いので日本とは状況が違うでしょうが、女一人で10人って想像を絶する状況であります。
「バンコクはうるさそうだから日本へ私を連れて行ってくれるかい?」と言われたので「いいですよ」と
申し上げましたら非常に喜んでくれました。
「日本」の発音は「ニャッパン」でした。
イープンやリーベンよりも親しい感じがします。
e0100152_16102314.jpg
蟻炒め、フツーに旨いです。
e0100152_16102828.jpeg
蝉と蟻炒め、目と目が合っちゃいます。
e0100152_16103817.jpg
蛙の素揚げ。かっぱえびせんみたいな感じです。
e0100152_16101409.jpg
プラークラーイ、ナイフフィシュです。
トートマンプラー等、一般的なタイ料理にも使われてます。
サコンナコンではラープで食べるのが王道のようで、私も何度も頂きました。
あまりの美味さに作り方も完全マスターしました。
憎めない顔してます。
e0100152_16093536.jpg
e0100152_16092103.jpg
e0100152_16095220.jpg
e0100152_16095818.jpg
ウドンやコーンケーン方面と違ってラオスが最も細くなってベトナムまで直線で100km前後の、この地域(主にサコンナコン、ムクダハーン、ナコーンパノムの3県)は独自の文化が色濃く残っている印象です。
女性達はシンを着用していて、言葉はベトナム語のような音の言葉を使っており細かな美意識はラオスに近い感じ、です(なんだかよくわかりませんね、ははは)。
e0100152_16215950.jpg
サコンナコン、私は痛烈に気に入りまして、必ずや再訪の予定です。

荷物を減らしたかったので、蟻や蝉のスマホ画像以外は
6Dに24-105L F4(旧)の1本にしました。
素晴らしいレンズです。

by barrameda | 2017-04-09 16:42 | asia | Comments(4)
Commented by NT at 2017-04-23 13:17 x
こんにちは
子供が自転車に乗っている写真に目が釘付けになっちゃいましたわ。
つい先日、車を処分して20インチの自転車を購入しました。
で、2回走った結果私が住んでいる所の悪路が実感出来ましたの。
車道は細くて自分が車を運転していた時に自転車が走っていると
危なくて嫌だなと思っていたので歩道が有る所では歩道を走ってみたのですが
これが酷かったです。
道幅はないわアスファルトの継はぎとか歩道部分に側溝があったりでガタガタ。
タイヤが小径な分振動がすごくて・・・
思うにバリアフリーとか車椅子生活している人の為にとか声高に言っていても
こんな悪路じゃ、ちょっとそこまで自分で車椅子で行こうと思っても無理だよなと感じました。
それに引き替え舗装されてないけど写真の子達が走っている道の走り易そうなこと!
記事の内容と関係ないのは充々承知してるんですけど、この写真を拝見したら
思わずコメントしたくなっっちゃいましたのよ、お許しくださいまし(笑)
Commented by cazorla at 2017-04-26 07:12
これって現在ですよね?知らないうちに楽しそうな独身のような旅をしてるんですか?!羨ましいな。私はおばあさまの写真に釘付けです。言葉にはなりませんが。両親が九州なのですが、こういう写真の方が(今の日本より)九州の祖母の家などを思い出します。鶏もしめてました。空気とかむわーんとした感じが伝わってきてとても懐かしいです。
Commented by barrameda at 2017-04-27 18:46
NTさん

こんにちは。
同じ道でも乗り物を変えると目線が違ってきますよね。
両方知ってると理解が深まるなーとも思いますが、もう少し歩行者に優しくてもいいなと日本やタイで思います。

この村はやたらとゆっくりしてて長期で住むには大変そうでしたけど、
細胞レベルでリラックスできました。
東京の友人が「こんな所にいたら東京なんてウソだらけに見えるんじゃないか?」
って言ってて、なるほど〜っと思いました。
東京がどんなだったか、忘れちゃってて少し焦りました。

Commented by barrameda at 2017-04-27 18:51
cazorlaさん
コメントありがとうございます。

こんにちは。
これ、先月です(笑)。
冷蔵庫がない家なんかが普通にあるんですよ。
まあ、ひっくり返して言えば保存しなくても食べ物が溢れているんですけども。

おばあさまね、男が好きなんですよ。
僕の身体をベタベタと長時間にわたって触って「大きな人だねぇ、大きい手だねぇ」
っていって紅潮してました。
ご家族は「ばあちゃん、まだまだ男が好きだな〜」って盛り上がってました。

時々、年に2度程度でも一人で不便な所を旅しないとダメになりそうです。
埋没しちゃって疲れてるのにも気がつかない状態になってしまって。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


頭の中は夢がいっぱい。


by barrameda

プロフィールを見る

カテゴリ

diario
andalucia
asia
fotitos
viaje
comida
camara
maternidad
育児
モノ・物欲

最新のコメント

cazorlaさん ..
by barrameda at 21:23
こちら、これから寒〜くな..
by cazorla at 05:19
cazorlaさん ..
by barrameda at 17:58
HUAWEIのP10、買..
by cazorla at 04:37
NTさん こんにち..
by barrameda at 17:23
バスの床が木で出来てるん..
by NT at 17:08
cazorlaさん コ..
by barrameda at 18:51
NTさん こんにち..
by barrameda at 18:46
これって現在ですよね?知..
by cazorla at 07:12
こんにちは 子供が自転..
by NT at 13:17

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月