カテゴリ:asia( 121 )

イサーン逍遥

e0100152_20481785.jpg
妻子が2週間程一時帰国しており、時間もあったのでモーチット迄出向いてポンと来たバスに乗ってみました。
タイムリーなそのバスはサコンナコン行き。
未踏の地であったので願ったり叶ったりであります。

e0100152_20485301.jpg
途中、休憩を二度程挟みバンコクから揺られる事10時間弱、サコンナコンのバスターミナル周辺には特に何もなさそうだったので
市場行きと書かれたソンテウに乗ったのですが、これが珍道中の始まりでした。
辺鄙な村のはずれの市場だったんだですよ。
もちろんバスターミナルに戻るソンテウはなく(1日2便)当たり前のように宿もありませんでした。
この途方に暮れる感、久しぶりです。
これが東南アジアでなかったら、こんなに落ち着いて宿も足も無い状況を楽しめる筈もないんですけど。


e0100152_20482319.jpg
当たり前のように食堂も1軒しかなく、限りなく望み薄な中「この辺りに宿とか泊まれる場所ありませんかね?」
と訪ね歩いたところ、「あんた、どこから来たの?、日本?、じゃあそこの先の区長さんご夫妻が20年日本に住んでたから行って訊いてみるといいよ」という天啓のような一言。

e0100152_20483105.jpg
タイ語でもイサーン語でもなくもちろんラオ語でもなく「パーサー・ヨー」というベトナム語に近い発音の地域だったので
なかなか言葉が通じず疲弊しかけていたところへ日本語堪能なご夫妻がいらっしゃって、結局そのお宅の離れに1週間程
居候をすることになりました。
ミニマートを経営していらしたので店を手伝いながらのサコンナコン生活です。

e0100152_20490327.jpg
「イサーンのガイヤーンが食べたいんですが」とご夫妻に伝えましたら近所のお宅で元気な鶏を絞めて
解体までしれくれるそうで、着いた当日の夕飯はガイヤーンでした。


e0100152_20502071.jpg
締めたての鶏肉をナムヂムに漬け込んで炭火で炙って食べるんですが、超絶美味です。
e0100152_20502718.jpg
鶏の生血をビアリオと割ってキンキンに冷やして一気に飲み干すのですが、これまた超絶美味です。









ウソです。
e0100152_20505109.jpg
e0100152_15392385.jpg
まともな食堂も皆無といった状況だったので滞在中は近所の幾つかのご家庭にお邪魔して様々なイサーン料理を頂きました。
見ず知らずの人間を台所まで通してくれて食事や時には酒までも供与して下さるというイサーンの方々の懐の深さに
只々平身低頭の想いであります。
e0100152_15393568.jpg
コンビニもATMもなく現金の流通量も極端に少なくて(ヨレヨレの紙幣が村の中であっちに行ったりこっちに行ったり)
現代的な経済活動こそ、目立ってはいませんでしたが新鮮な野菜や肉、魚、たわわなフルーツ、豊かな米で地域は溢れていました。
独居老人も見かけなかったと思います。
e0100152_15394420.jpg
e0100152_15395441.jpg
近所のご家庭の中で最も頻繁に訪れたご家庭の長老のお婆さん。93歳。
10人兄弟の末っ子で、ご自分も10人のお子さんの母。
ラオス人の旦那は10人目が産まれる前にパクセーに行ったきり戻らずだったそうで
ほぼ一人で10人の子供達を育てたのだそうです。
近隣親類との助け合いが強いので日本とは状況が違うでしょうが、女一人で10人って想像を絶する状況であります。
「バンコクはうるさそうだから日本へ私を連れて行ってくれるかい?」と言われたので「いいですよ」と
申し上げましたら非常に喜んでくれました。
「日本」の発音は「ニャッパン」でした。
イープンやリーベンよりも親しい感じがします。
e0100152_16102314.jpg
蟻炒め、フツーに旨いです。
e0100152_16102828.jpeg
蝉と蟻炒め、目と目が合っちゃいます。
e0100152_16103817.jpg
蛙の素揚げ。かっぱえびせんみたいな感じです。
e0100152_16101409.jpg
プラークラーイ、ナイフフィシュです。
トートマンプラー等、一般的なタイ料理にも使われてます。
サコンナコンではラープで食べるのが王道のようで、私も何度も頂きました。
あまりの美味さに作り方も完全マスターしました。
憎めない顔してます。
e0100152_16093536.jpg
e0100152_16092103.jpg
e0100152_16095220.jpg
e0100152_16095818.jpg
ウドンやコーンケーン方面と違ってラオスが最も細くなってベトナムまで直線で100km前後の、この地域(主にサコンナコン、ムクダハーン、ナコーンパノムの3県)は独自の文化が色濃く残っている印象です。
女性達はシンを着用していて、言葉はベトナム語のような音の言葉を使っており細かな美意識はラオスに近い感じ、です(なんだかよくわかりませんね、ははは)。
e0100152_16215950.jpg
サコンナコン、私は痛烈に気に入りまして、必ずや再訪の予定です。

荷物を減らしたかったので、蟻や蝉のスマホ画像以外は
6Dに24-105L F4(旧)の1本にしました。
素晴らしいレンズです。

by barrameda | 2017-04-09 16:42 | asia | Comments(4)

アユタヤへ

e0100152_21392973.jpg
二泊三日でアユタヤに行って参りました。
遺跡も行かず象にも乗らず、ボートトリップもせずひたすら宿でグダグダして
腹が減ると通りに出て屋台のホイトートをつまみにハイネケンを流し込むといった自堕落な過ごし方でございます。
アユタヤってそんなとこですよ。
e0100152_21394561.jpg
e0100152_21400803.jpg
朝のナレスワン通りは飽きません。
e0100152_21395537.jpg
e0100152_21402144.jpg
e0100152_21403162.jpg
グリーンウインナー、勇気が必要です。
e0100152_21404820.jpg
e0100152_21410084.jpg
豚の頭部ですが、後ろからはなかなか見る機会がないですよね。
何度か食べましたがあまり美味しくないです。
e0100152_21411331.jpg
e0100152_21412293.jpg
行きつけのレストランで、今回も髪を結ってもらいました。
娘さんもつかまり立ちができるようになってました。
e0100152_21420339.jpg
今回の目玉はズバリ、プール。
朝から晩まで泳いで子供らご機嫌です。
たまたまアメリカ人とオーストラリア人が大勢泊まっていて、子らの相手をしてくださいました。
娘は自己紹介と趣味を伝えるのに精一杯、己の英語力の低さを痛感したようで僅かに凹んでました。
美しい日本語を操ることが出来るようになれば他言語などは取り立てて学ばずともいいか、と私は思っていますが
本人はけっこう真剣なようです。
e0100152_21421692.jpg
ささくれ立つような出来事も一切なく、怖いくらいに毎日朝から晩まで静かで笑顔に満ちたアユタヤでの時間であります。
特筆すべきは子供らがプールでクタクタになるので8時にはくたばってしまい、
一人酒を早くからおっぱじめることが出来るというのは、この上ない福音であります。
古都の夕焼け空を愛でながら飲む冷えたハイネケンの美味しいこと。
遠からず再訪の予定です。

by barrameda | 2017-03-01 23:37 | asia | Comments(0)

風の回廊

e0100152_21503236.jpg
フア・ヒンの南の漁村、プラチュアップへ行って参りました。
今年は二回目です。
おそらくこの街を訪れるのは今年はこれで最後でしょうから少しばかりゆっくりとしてきました。
e0100152_22142782.jpg
20年前からチョコチョコと通っておりまして当時とはだいぶ変わりましたが、
まだまだツーリスティックな匂いは少なめです。
欧州のリタイア組がかなり増えたかな、という印象です。
年金がある国でも自国でも厳しい国が増えているんでしょうか。
見ていると皆さん昼からビールを飲んで夜は毎晩のように海岸で飲み会をしてました。
日本語以外聞き取れない私ですが、たぶん英語仏語独語が最も多く耳に入ってきました。
アメリカなんて保険も年金もないんですよね、シビアだなー

時事的に大きな自慢なんですけども、私ファーストレディ時代のヒラリーさんに一度会ったことがあるんです。
とてもチャーミングで小さな女の子みたいに澄んでいて邪気の無い方でした。
政治は綺麗事ではないでしょうから様々な利害が絡んでいてグレーな部分もコッテリとしてるんでしょうけど、
敗け確定後の演説は彼女の本心だったと思いますねー
旦那さんのクリントンさんも現職のオバマさんもそうですがヤな感じの父性って感じませんよね。
e0100152_22020422.jpg
e0100152_22064651.jpg
e0100152_22075166.jpg
e0100152_22060863.jpg
e0100152_22093865.jpg
選挙速報はおろかマッキントッシュも持参せず、ニュースも見ておらず
海も山もある街なんですが、連日エビとイカを食べて酒を飲んで波と戯れる日々でした。
クルーズみたいなのも今回はだるかったのでやめときました。
e0100152_22145277.jpg
子供が一人だった時はバイクを借りて3人乗りで済んでいたのですが、
4人だとバイクでは少々不安が残ったので↑のトゥクトゥクと同じタイプのものを借りて一家の移動の足としてました。
家族の移動が快適になったことは言うまでもないんですが、
客席側の椅子が長いので、夜は一人でトゥクトゥクで海岸沿いまで行ってビールを買い求め、
客席部分で怠惰に足を伸ばして酒を飲むのは痛快であります。
暗い海の海鳥なんぞに感情移入しちゃいますね。^^
e0100152_22141203.jpg

e0100152_22103556.jpg
e0100152_22585798.jpg
妻も友人との再会が出来ました(今年二度目だから向こうも新鮮味が薄そうだった)。
華奢な美人姉妹だったんですが、なんというか横に広がった…
「子供産んでから30キロも太ったのよ〜」だそうです。
タイの女性、コロコロになっちゃう人多いですね。
e0100152_21505033.jpg
朝は5時半に起きてお粥です。
20年近く味が変わりません、ホームマリの粉砕具合が絶妙です。
妻はカオトム派で、私はジョーク派です。
e0100152_21545139.jpg
「THE肉屋」という感じです。
どこの店もLED化してるんですけど美味しく見せるために(だと思う)白熱灯に近い色の物を使ってました。

こないだ日本に行った時に新宿で僅かに今更感のある6Dに買い換えたんですけど、いいですね。
α7llにしなくてよかった。
今回は35mmのF2だけにしました。
あとは28mmの単玉銀塩。
e0100152_21561611.jpg

e0100152_21501506.jpg
小さな海の街なので、我々を覚えていてくださる方達も幾人かいて、
4人ひっくるめて親切にしてくださり、なんとも豊かな時を過ごしました。

何処へ行っても多くの人々にこれでもかという程に良くしてもらっている気がする…
ちょっとは還元しないとなぁー



by barrameda | 2016-11-11 11:09 | asia | Comments(0)

25591013


e0100152_18225904.jpg
e0100152_18252344.jpg
e0100152_18241368.jpg
e0100152_18234812.jpg
e0100152_18263390.jpg
e0100152_18305469.jpg
e0100152_18314660.jpg
e0100152_18340693.jpg
e0100152_18371174.jpg
e0100152_18394268.jpg
e0100152_18440584.jpg
e0100152_18464640.jpg
e0100152_18512222.jpg
e0100152_18531222.jpg


by barrameda | 2016-10-21 19:06 | asia | Comments(0)

パスポートの更新、乾季の匂い

e0100152_09061526.jpg
パスポートの残存期間が半年になったので日本大使館領事部に行き、パスポートの更新。
その後サムヤーンの窓口に行って無事に新パスポートへのビザの移し替えをして参りました。
かなり混雑してましたが、以前と比べるとスムーズになりましたね〜

ここ2ヶ月程で3度日本大使館に出向きましたが、案内係のハゲのおじさんがいないのが気になります。

それにしても10年パスポートの顔写真、現時点で疲れたオッサン化してるのに10年後はどうなるんだろうか…
と今から不安です。
上の一葉はそのサムヤーンに向かう車内から。ラマ6あたりだったかな。
e0100152_09104217.jpg
久しぶりにトンブリー側のお寺にお参りに行ってきました。ワット・ラカンです。
e0100152_09063766.jpg
このところ風が乾季の涼しさを纏うようになってきました。
e0100152_09075259.jpg
チャオプラヤ川沿いはどんどん開発されていて、小洒落たショッピングモールやそこに併設されているカフェーなど
多く目にします。
快適そうで、そのうち入ってみようかな… 
と思案しているんですが毎度毎度行きつけの川の上に朽ちて立っている茶店に入っています。
喫茶店くらい冒険したら良さそうなものですが、エアコンよりも川からの風の方がいい感じに思えてしまう。
(それも、やはり老化か?)
e0100152_09080312.jpg
良い週末を〜
私はとんかつを食べに行く予定です。

by barrameda | 2016-09-02 09:37 | asia | Comments(0)

水上集落

e0100152_10122109.jpg
超久しぶりにアンパワーに行ってきました。
4度目くらいかな。

ここは土日に行くと大変なことになるので、平日の閑散期に3泊してまいりました。
週末は週末で賑やかで面白いんですが、子連れなので蛍なんかを見る程度にしておきました。
あとはお寺巡りですかね。

ガラガラに空いていて結果、二階建て一軒家を借り切っての連泊でしたので、
子供達は狂喜して走り回って何度も川に落ちそうになりましたが、適度に放置して昼酒に徹しました。
e0100152_10115824.jpg
古い街なので物価が安かったですよ、クウィッティアオが10Bですよ。
10Bってなかなか今時ない価格ですよね。

e0100152_10113377.jpg
e0100152_10150536.jpg
氷を買いに行った商店の看板猫。
すっかり人に慣れてました。
e0100152_10162768.jpg
カフェーを売るおばさん。
手漕ぎはこの方ただ一人でした。
1時間半もかけて家に帰るんだそうで、「おばちゃん疲れないの?」って訊いたら
「疲れるに決まってるよ」とのことでした。
毎日3時間手漕ぎボートで通勤って気合いが必要ですよ。
一杯10Bです。
e0100152_10160796.jpg
e0100152_10124600.jpg
e0100152_10145227.jpg
e0100152_10155941.jpg
e0100152_10143201.jpg

e0100152_10153006.jpg
e0100152_10121020.jpg
宿の安楽椅子に腰かけて安寧な川面を愛でながらビールなんぞ。
e0100152_10151378.jpg
何年かぶりにタイ産赤ワインも飲みました。
安価なものを選んだのですが、普通に美味いですよ。
e0100152_10161781.jpg
子供らは初めてのアンパワーでしたが、かなり気に入った様子で「ここに引っ越したい」と言い出す始末でした。

by barrameda | 2016-08-14 10:52 | asia | Comments(0)

ホアランポーン100周年 その2

e0100152_18362608.jpg

夕刻の駅前です。

たぶんステーションホテルの上層階の方からの撮影ではないでしょうか。

e0100152_18363995.jpg

SLが停車してました。

素晴らしいサービスですね~

e0100152_18364753.jpg

蒸気機関もモコモコいってました。

これまた憎い演出でございます。

赤字がすごいタイ国鉄ですけど、頑張ってますね。

ちょっと乗っただけでも窓口の女性から車掌さんまで皆さん愛社精神をすごく感じます。

e0100152_18365889.jpg

e0100152_18370819.jpg

オリエンタルエクスプレスも停車してました。

これはには小躍り致しました。

北斗星のお下がりだとは思うんですが、濃紺にゴールドが流麗で素晴らしいです。

e0100152_18371842.jpg
e0100152_18380049.jpg
e0100152_18381226.jpg
e0100152_18374999.jpg

典型的なバンコク人というご婦人ですね。

こういった感じの方ってバンコクとチェンマイでしか殆どお見かけしませんね。

e0100152_18373618.jpg

出張郵便局の簡易撮影ブースで。

自国が大好きといった出で立ちのおじさん。

タイ人は本当にタイ王国が好きなんだなぁ、と実感します。


続く〜


by barrameda | 2016-06-29 10:48 | asia | Comments(0)

魚村探訪3

e0100152_10394761.jpg
分不相応にクルーザーをチャーターしてみました。
帆先に立ち遠くを眺めて一人したり顔…というのはウソで強風で怖かったです。
漁師って真っ暗な海に毎日出て行くんですよね、私にはとてもできそうにないです。
e0100152_10395436.jpg
乗組員の方々、皆さんフレンドリーで楽しさ倍増でございます。
e0100152_10401005.jpg
アンダマン海の海水の美しさには及びませんが、奇岩が多く点在するシャム湾側も一興です。
この辺りはマレー半島でも最も細い一帯で、ミャンマーまで直線で十数キロという場所であります。
かれこれ15年程前のことですが、勢い「ミャンマーに行ってみよう!」となり、
妻と二人何時間も豪雨の山道をクネクネとバイクで彷徨ったのも良い思い出であります。
国境で「ここは旅行者は越境できない」と一蹴されたのも、これまた思い出です。
e0100152_10401888.jpg
ラッキーなことに野生のイルカに会うことができました。
子猫みたいに斜めにピョンピョンと跳ねてました。
かなり楽しげな様子だったので子供イルカだったのかも知れません。
PADIのライセンスを持ってる人は持ってない人よりも世界が一つ広いんだろうな、と考えたりしました。
いつか取ってみたいな、とは思うんですが怖くて躊躇してます。
e0100152_10402432.jpg
e0100152_10403628.jpg
e0100152_10403025.jpg
息子と船で沖に出るって、不思議な男同士の連帯感みたいなのが生まれますね。
裕次郎っぽいもの(古いな)は私には僅かに欠落してるので伝えられませんけども。
まあ、放っておいても男になるでしょう。
e0100152_10404227.jpg
e0100152_10404759.jpg
海岸通りが見えてきました。
e0100152_10405452.jpg
冷えたシンハと水揚げされたばかりのエビがバジルと共に私を待っています。
e0100152_10410128.jpg
サマープリンセス1号という名前のクルーザーです。
船の名前ってあっけらかんというか…楽天的なのが多いですね。
海を相手にしてる訳ですから細かいことは気にしない方向性ですかね。
e0100152_09314226.jpg
今回は1年3ヶ月ぶりだったんですが、いつ来ても素敵な街です。
近いうちに再訪できたらなと切望しております。

by barrameda | 2016-06-16 09:58 | asia | Comments(0)

漁村探訪2

e0100152_10391973.jpg
静かな街です。
駅前通りとその周辺は元々は国鉄の管理地だったので(今もそうかも)ほとんど変化してません。
家族の誰かがタイ国鉄に勤めていたという家がほとんですかね。
e0100152_10385961.jpg
このカフェもホアランポーン駅のホームと同じベンチが置かれています。
床のタイルも同じ物でしょうか。
e0100152_10385327.jpg
夜は海風のなかで、ヤムウンセンタレー
e0100152_10384586.jpg
エビガパオ。
これは絶品でしたので翌日から一人一皿注文しました。
カディスで採れるものよりも美味しいエビとカニでお腹いっぱいの日々でした。
たまにはいいですね。
e0100152_10392864.jpg
e0100152_10390528.jpg
家にテレビがないのでここぞとばかりにテレビに夢中であります。
スタローンの『ロッキー』を観ています。

by barrameda | 2016-06-15 08:30 | asia | Comments(0)

漁村探訪1

ヒマだったので1週間程海に行ってきました。
山の方が落ち着いていて好みなんですが、海もいいかな〜と思ってバンコクから汽車で5時間余のフアヒンの南の漁村です。
e0100152_10371099.jpg
e0100152_10372411.jpg
フアヒンと違うのはあまり開発されていないので、ツーリスティックなノイズが入ってこないので静かに過ごすには打って付けであります。
e0100152_10373385.jpg
20年程、気に入ってこの街に通い詰めています。
短期でこの街で公立高校の日本語教師をしたこともあり思い入れもひとしお。
私がおっかなびっくり赤で添削をした生徒さん達は今頃どうされているんだろうか。
e0100152_10374372.jpg
「タイが無かったら、やばかったよな〜」と思うことが多々あります。
e0100152_10375178.jpg
e0100152_10375717.jpg
e0100152_10380676.jpg
カイヤッサイ・タレー 妻の友人がオーナーのレストランで。
魚介は魚介でカイヤッサイに入れなくてもいいかな…
e0100152_10381107.jpg
小田原とか東海道線っぽいです。
e0100152_10381961.jpg
子供達のたっての希望でお砂場セットを購入しました。
幼少時、私はふるいが好きでしたが子供達は興味薄でした。
今回お砂場セットを買って、自分が使っていたふるいが黄色くて小さかったことを40年ぶりに思い出しました。
記憶って遮断されているだけでたっぷり残っているんですね〜
e0100152_10382567.jpg
e0100152_10383171.jpg
クラゲが出そうだったので海水浴はしませんでしたが、波打ち際で暗くなる迄遊びました。
e0100152_10383750.jpg

by barrameda | 2016-06-14 11:23 | asia | Comments(0)


頭の中は夢がいっぱい。


by barrameda

プロフィールを見る

カテゴリ

diario
andalucia
asia
fotitos
viaje
comida
camara
maternidad
育児
モノ・物欲

最新のコメント

cazorlaさん ..
by barrameda at 21:23
こちら、これから寒〜くな..
by cazorla at 05:19
cazorlaさん ..
by barrameda at 17:58
HUAWEIのP10、買..
by cazorla at 04:37
NTさん こんにち..
by barrameda at 17:23
バスの床が木で出来てるん..
by NT at 17:08
cazorlaさん コ..
by barrameda at 18:51
NTさん こんにち..
by barrameda at 18:46
これって現在ですよね?知..
by cazorla at 07:12
こんにちは 子供が自転..
by NT at 13:17

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月