カテゴリ:viaje( 79 )

2週間の初秋

諸々の手続きで2週間程帰国してました。
久方ぶりに訪れた日本は今までに感じたことがない程に快適で
様々な事物が万障繰り合わせて隅々まで行き届いているなーという印象であります。

今になれば常夏イズムに僅かばかり疲弊していたのも原因かと思うのですが、
秩序だった街並み、それに伴う人々の立ち居振る舞い等々、
文化や母語以前に感じる静かな流れのようなものの快さを改めてありありと自覚致しました。
e0100152_21454683.jpg
これほど日本滞在が快適だったことも稀かもです。
e0100152_20494924.jpg
日本的に様々行き届いた水準を維持するのにどれほどの犠牲とか労力が費やされているんだろうか、
っていうことが、日本の日常から離れている今は見えなくなっているので身勝手な快適さだけが見えているんだろうとは思うんです。
e0100152_20340080.jpg
ゴミが落ちていません。
e0100152_20511557.jpg
近未来フォルムの列車が定刻に来ます。
e0100152_21572413.jpg
今回は東京の他に秋田の温泉でグダグダして参りました。
e0100152_21191813.jpg
小さな東北地方の駅も行き届いてます。
e0100152_21292104.jpg
定刻通りでした。
e0100152_20551899.jpg
ネコはどこもネコのままです。
右の方に家があって、この子が「ニャ〜」 と鳴くと扉が開きました。
e0100152_21421967.jpg
久しぶりの運転だのにガスで視界の悪い山道です。
e0100152_21490351.jpg

上からはガスも雅で涼しげです、居場所が変われば勝手なもんです。
e0100152_20480914.jpg
頂近くは既に色づいている木々もあります。
枯れる前に真っ赤なるというのは、なんとも哀しい程によくできた現象です。
春が最初ではないかもしれないし、人間の勝手な観念なんでしょうが擬人化して言語化するっていうのはセットみたいなもんですかね。
e0100152_20573852.jpg
e0100152_21432028.jpg
e0100152_21502021.jpg
4歳の息子がこれでもかというほどに女好きになってしまい、困り果てています。
e0100152_20534226.jpg
e0100152_20305636.jpg
秋味を飲みながら見上げまして、まこと美しい中秋を過ごせました。
豪栄道の全勝優勝時の言葉の少なさと共に印象に残っております。
e0100152_21442900.jpg
胸襟が狭い上、根暗なので数少ない友人知人もSNSを見ると皆多忙そうで
今回は誰にも連絡せずの滞在となりましたが
今生の別離になりかねないアル中の友人とはコーヒーで乾杯しました。
猫背に白髪、173cm 45kg、繰り返しの隔離病棟強制入院… 過度な飲酒というのは40代の人間をここまで追い込むのか、、、
とちょっと怖くなった。

昔は酒から距離を置かせる為にカメラを持って一緒に旅をしたり魚釣りに出向いたり
共通のグラナダやカディスの思い出話をしたりもした。
けれど、酒を飲み続ける権利は彼のものであり、
不可侵だろうと思うと彼の痩せこけた現状も少し楽に見えた。
酒が切れたのか次第にチックが頻発する彼を高田馬場の改札まで見送った後、
焼き鳥屋でわびしく痛飲…
しようと思ったけど、焼き鳥屋の女将がひょうきんな人で馬鹿話をしながらスーパードライを3本空けて店を出た。
店の雰囲気もさびれた感じで東京滞在最後の晩に相応しくこれまたまこと趣があった。
何故だかBee Geesの「Stayin' Alive」がかかっていてまこと調子は狂った。

e0100152_21323744.jpg
そんなこんなで飛行機に乗って6時間、
e0100152_21483678.jpg
タイに戻り寛やかな心持ちで過ごしています。
最近は以前よりも増してプアンマーライを多く買い求めるようになりました。





by barrameda | 2016-10-04 08:05 | viaje | Comments(2)

村に二つあるうちの片方の宿

e0100152_14251738.jpg
e0100152_14252616.jpg
e0100152_14253791.jpg
ベトナム アンザン省 Tri Tôn

もう一つの宿屋は閉まってました。


by barrameda | 2015-10-21 14:29 | viaje | Comments(4)

SAIGON

e0100152_16372174.jpg

e0100152_16364068.jpg


チョロンは埃っぽいしうるさいし汚いしで、お酒を飲むのにはあまり適していませんでしたので紅茶を飲んで帰ってきました。
画像は道を教えてくれたおばあちゃん。
彼女の旦那さん、優しい人っぽいですね。
下の画像は行きつけのカフェにたまに現れるホームレスお母さん。
あっけらかんとしてて好印象な女性です。


ミートゥン橋を渡ってティエンザン(前江)を超えて更に延々進むとハウザン(後江)を渡るフェリー乗り場に到着します。
バイク1台5000ドンです。徒歩はいくらなのか調べたかったのですが、皆が車かバスかバイクだったのでわからずです。

それにしてもアジアの旅は生き返るね。
by barrameda | 2015-03-15 17:17 | viaje | Comments(2)

VIET NAM

e0100152_7173730.jpg

e0100152_7173141.jpg

e0100152_7174334.jpg

e0100152_7174991.jpg

e0100152_7175325.jpg

e0100152_7175899.jpg


こんにちは。
今月5日よりベトナムに滞在して一ノ瀬さんや沢田さんやキャパのオリジナルプリントを見たりして過ごしております。
人民も親切で穏やか。
やたらめったらボるとか狡っからい等々耳にしますが、ラオスの人達以上に穏やかで東南アジアでは珍しく繊細でシャイな方々です。
剣呑な事も全く起こりません。
出会う人々にこれでもかという程に親切にされ日々、充実しております。

バイクを借りてサイゴンから1号線を南下してミトー、カントー、ヴィンロンを超えてチャウドゥックの手前の分岐22kmのとこを左折して延々と進みトゥリトンという街まで行って戻って参りました。
700km程の距離でしたが110ccだったのと、バイク人民の国なのでわりにサヴァイヴでした(検問突破して捕まっちゃった)。
e0100152_7492934.jpg

パンダ焼けでこんなになっちった。

今はサイゴン Ho Chi Minh City に戻り、小さな達成感とともにデタム通りで日々呑んだくれております。
動画はミトーを超えたとこのミートゥン橋。
風が強くて縦位置になっちゃいました(涙)。

上質な週末を〜
私はチョロンで呑んだくれる予定で〜す。
by barrameda | 2015-03-14 07:55 | viaje | Comments(0)

食堂車なり

e0100152_20174036.jpg


nikon f3 sigma 14mm f3.5
fuji superia premium400

昭和30年代に日本で使われていた食堂車です。
今もタイ全土で走ってます。
ディーゼル車でうるさいし窓は全開だから虫もジャンジャン入ってくるんですが
不快かと言えばそんなことはなくて洋の東西を問わず皆、楽しげに飲んでます。
左のタイ人の三人組以外は皆、この夜行列車で出会ったばかりの人たちなんですよ。
私と一緒に飲んでいるのは、二等寝台車で私の隣の席だった方。
大阪から息子さんと一緒に短期でアユタヤに移住されてた女性(息子さんもちょっと写ってる)。
激烈に美人で爆裂に優しく、酒が強い女性でした。
素敵な人だったなぁ〜

『東京物語』と『戦場のメリークリスマス』を立て続けに観ました。
いやぁー 脱帽ですね。
小津監督のカメラワークも腑に落ちた。
『戦メリ』を10週間ちょっとで作り上げたのも凄すぎる。
デヴィッド・ボウイの顔に蛾がとまるシーンは本人の直前のアイディアだったというのを初めて知りました。
デヴィッド・ボウイってかなりの確率で「今日やらない事リスト」を作る人だと思うんですが、目線の位置がすごく高いですよね。
笠智衆も素晴らしいし杉村春子も素晴らしい。
杉村春子は子どもの頃、家が近所だったのでたまに見かけました。
by barrameda | 2015-02-19 20:58 | viaje | Comments(2)

秘湯っぽい

e0100152_21103980.jpg

e0100152_21101586.jpg

e0100152_21105359.jpg

e0100152_21102564.jpg

e0100152_21102246.jpg

e0100152_2110469.jpg

e0100152_21103678.jpg

e0100152_21105831.jpg

e0100152_21105027.jpg

e0100152_2111449.jpg

e0100152_21114043.jpg

e0100152_21115425.jpg

e0100152_2112418.jpg

e0100152_21101262.jpg


頻繁にメディアなどで紹介されているとおり、名湯でした。
宿のおじさん曰く、「二月がベストすーズンだな」だそうです。
秋田なので降雪量は多いですが気温はそれほど寒くなく、私も二月に訪れましたが雪の多い季節が趣があるなと感じました。
山芋鍋が絶品です。
お湯とお酒と読書三昧の時間を過ごしました。
by barrameda | 2013-10-21 08:25 | viaje | Comments(0)

WRONG WAY UP

e0100152_1051031.jpg

e0100152_10521988.jpg

e0100152_1110064.jpg

e0100152_11102087.jpg

e0100152_11103771.jpg

e0100152_1112023.jpg

e0100152_11122887.jpg

e0100152_11124228.jpg

e0100152_12161115.jpg

e0100152_12163392.jpg

e0100152_12165877.jpg

e0100152_12174461.jpg

e0100152_12181353.jpg

e0100152_12191199.jpg

e0100152_12193718.jpg

e0100152_12204178.jpg

e0100152_1355449.jpg

e0100152_1364534.jpg

e0100152_1381728.jpg

e0100152_1414146.jpg

e0100152_12225099.jpg

e0100152_1224471.jpg

e0100152_1435998.jpg

先月末よりタイで暮らしております。
住み慣れた地域の以前と同じアパートを借りて。

成人してから初めて一年を通して日本で過ごしてみました。
言葉も通じ倫理観も日本特有のものでやはり快適。
しばらく外国に行くのはいいか…(ってかちょっと面倒になったのとコタツが快適過ぎた)とも考えていたのですが、また痛快な程に居心地が良いこの国に戻ってきました。
空港に到着するや、係の人が「お子様連れの方はこちらから」とパスポートコントロールも別枠へ。
イミグレーションの待ち時間もゼロでした。
数年前のクマ美と一緒にスペインから入国した時も私の名前のボードを抱えた検疫係官の方が待っていて下さって、スムーズに入国できたっけな。
今回も幸先の良い辷り出しであります。

アパートの方やご近所さん、更には一人で昔暮らしていた時分のご近所さん達も皆さん達者で、幸せな再会を果たすことが出来ました。
何処で暮らしても自分の心持ち次第だと思いますが、まるっきりそれだけでもないような気もするので、まずは寛やかな方へ…という浅はかで小さな決断であります。
内弁慶な娘が他の子供達と肌の色や言語を越え(タイの子以外に欧米の子もたくさん暮らしてます)ふれあうことを覚えてきました。
人生25000日〜長くて30000日というあまりにも限りられた中の2〜3才という重要な時期、これは収穫かなと思っております。
また、旅行者含め各国の親達の子供に対する接し方も勉強になること受け合いであります。

しばし、常夏の暮らしでございます。
皆々様よろしくおつきあいくださいませ。
by barrameda | 2012-03-09 17:13 | viaje | Comments(2)

スカイ

e0100152_1271962.jpg

e0100152_1272881.jpg

e0100152_1273535.jpg

e0100152_1275479.jpg

e0100152_1281199.jpg

e0100152_1282521.jpg

上の方の展望台から180m程上空に登って行きますと棒みたいな部分に到着します。
630mくらいのとこだと思うんですが、もう建造物の高さではなくて飛行機が着陸する数分前の高さでした。
「手に汗握る」って本当です。
e0100152_136406.jpg

e0100152_13648100.jpg

e0100152_1381693.jpg

東京、たまに来るといいですね。楽しいです。
by barrameda | 2012-03-02 01:42 | viaje | Comments(0)

続・モロッコ

e0100152_23215611.jpg

e0100152_2322321.jpg

e0100152_23221340.jpg

e0100152_23221946.jpg

e0100152_23234645.jpg

e0100152_23235214.jpg

e0100152_2324029.jpg

e0100152_232455.jpg

e0100152_23241115.jpg

e0100152_23242466.jpg

e0100152_2324321.jpg

コアラの本気!
by barrameda | 2011-02-01 23:30 | viaje | Comments(4)

北アフリカは…

e0100152_21134910.jpg

e0100152_21135987.jpg

e0100152_21141157.jpg

e0100152_21142065.jpg

e0100152_21143084.jpg

e0100152_21144866.jpg

e0100152_21143917.jpg

エジプトやチュニジアのニュースを見てたらモロッコの写真が見たくなって引っ張り出してきました。
モロッコは変な人がやたらとたくさんいますが、私の経験ではまともな人は世界でも稀なほど親切な人が多いです。
街自体もメチャメチャ綺麗な所があります。色もすごく美しいですよね。
フランス領だったからなのか、ラオスと似たような雰囲気のところがたまにあります。
フランスパンも旨いし、これで米麺でもあったら長居してしまいそうな国であります。

不動産の債券を金融証券化したものが狸の葉っぱになってしまって、今度は小麦とかコーヒー豆などに対しドルをじゃんじゃん擦って注入してインフレを招いています。
するとアフリカなどでは、そこいらじゅうが破綻して暴動が起きたりします。
それは北アフリカだけではなくて色々なところで同じことが起こるような気がします。
次に狸の葉っぱになった時はもうどこにもそれを補完したりする財源は残っていないのだそうです。
どうなっちゃうんだろ〜〜〜〜ぅ 
by barrameda | 2011-01-30 17:29 | viaje | Comments(2)


頭の中は夢がいっぱい。


by barrameda

プロフィールを見る

カテゴリ

diario
andalucia
asia
fotitos
viaje
comida
camara
maternidad
育児
モノ・物欲

最新のコメント

これって現在ですよね?知..
by cazorla at 07:12
こんにちは 子供が自転..
by NT at 13:17
cazorlaさん ..
by barrameda at 11:24
日本の色ですね。鈴木清順..
by cazorla at 19:44
こんにちは。 ご無沙汰..
by barrameda at 22:21
父が鹿児島なんですが匂い..
by cazorla at 15:32
tksさん こんに..
by barrameda at 12:12
こんばんは。日本はGWで..
by tks at 00:47
tksさん おはよ..
by barrameda at 13:24
どうも、ご無沙汰していま..
by tks at 02:05

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月