<   2007年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

Flamingos

e0100152_352571.jpg

e0100152_3523837.jpg

巨大な国立公園がある為、野生のフラミンゴの群れも飛んでます。
e0100152_3543388.jpg

脚が発達しているせいか、飛ぶスピードはノンビリしています。
by barrameda | 2007-04-30 03:57 | andalucia | Comments(0)

amigas

e0100152_16581689.jpg

もう、海で泳ぐ季節になりました。
e0100152_1658531.jpg

e0100152_1659256.jpg

e0100152_170856.jpg

e0100152_1704978.jpg

e0100152_1712197.jpg

コンパクトカメラで人をスナップ。というと盗撮になってしまう訳ですが、某国と違い、こちらはカメラを向けていることがわかると、「撮ってくれ、撮ってくれ」と、昔の小学生の指をVの字にする集団と化してしまうので、静か〜にシャッター切ってます。
e0100152_1753270.jpg

雰囲気の良い、パン屋があったので撮影していると、店主のおばさんが、
e0100152_175576.jpg

「ほら、中に入って撮りなさい」と言うので、店内で50カットほど、撮らせてもらいました。
で、一本フランスパンを買いました。mercadonaの1.5倍くらいの質量で、75c。味も美味しかった。
e0100152_1784899.jpg

e0100152_1791549.jpg

日本の婦女子連が、アンダルシア各地より来てくれました。男は小生のみ。フランスパンと、とれたてのエビ、それにイベリコ豚をmanzanillaの肴にして、皆で食べました。
いやぁ、良い週末ってあるもんですなぁ。
e0100152_17233072.jpg

by barrameda | 2007-04-29 17:25 | andalucia | Comments(0)

nieto

e0100152_4324457.jpg

e0100152_4332515.jpg

数年前に他界した祖母の『手』であります。
e0100152_4342887.jpg

大正生まれで、当時、駿河台にあった助産婦学校(今のYMCAの辺りです)で助産婦と看護婦の
資格を取得して満州に渡った訳です。昔は助産婦が極端に少なかった事と、生めよ増やせよという事で大忙しだったらしく、この手で何百人もとりあげてきました。一晩で三人とりあげたこともあったのだとか。小生も子供時分から産湯の時だけは同席(?)を許されて赤子を何人も見ました。うちの婆さんは妊婦さんを見ただけで、生まれてくる新生児が男の子か女の子が当てていたっけな。マイペースな婆さんで、小生が真っ赤なマニキュアを塗ってやると年甲斐もなく喜んだりしてました。
超高齢だったのですが、逝く直前まで旨そうにタバコ吸ってました。で、お茶の水にある喫茶店の話をよくしてくれて、未だにそこの店があるんですよ。今度行ってみたいと思ってます。コーヒー飲みながら勉強したんだそうな。ハイカラだったんでしょうねー、うちの婆さん。
葬式で坊主(俗物)が来るんですが、その坊主(俗物)も婆さんが、とりあげてたりして滑稽でした。
e0100152_4531184.jpg

e0100152_4533412.jpg

好きなように生きたほうが、楽しいかもわかりませんね。
by barrameda | 2007-04-28 04:57 | diario | Comments(0)

EL viejo y luz

e0100152_511950.jpg

e0100152_5114268.jpg

e0100152_512819.jpg

e0100152_5144972.jpg

e0100152_5153620.jpg

e0100152_5171772.jpg

e0100152_5174530.jpg

e0100152_5181155.jpg

by barrameda | 2007-04-27 05:20 | diario | Comments(0)

宴日和

このところ在アンダルシアの知人多数が頻繁に宴を催していて声をかけて下さる。
単なる偶然だろうけれども、誰それさんの家でマグロを食べようとか、某さんの家でグラナダの赤ワインを飲もうとか。
そんな類いの知人同士での小宴。しかしその国籍は多岐に及び、テーブルを囲んでいるのは、日本人、ドイツ人、オランダ人、イギリス人、スペイン人。
皆、気を遣いながらたどたどしくコミュニケーションを計っていて微笑ましくなる。
日常にこういった環境があるというのはラッキーな事ですねぇ。
e0100152_0153236.jpg

e0100152_0161514.jpg

カジェ(道の名前)っていつ誰が名付けるんでしょう。
e0100152_0164169.jpg

e0100152_022845.jpg

ここの噴水広場は、いつ来ても時間に関係なく雰囲気が良いです。
e0100152_0322264.jpg

広場の片隅にとても有名なバル『CASA BALBINO』があります。とっても美味しいタパが山積してます。
そういえば『El Bulli』が今年も世界一になりました。
e0100152_0501454.jpg

by barrameda | 2007-04-27 00:45 | diario | Comments(0)

夜間散歩

風邪気味の為、家で長時間ゲソーっとしている。
と鬱々としてくるので昨晩、着込んで隣村まで散歩に出てみました。
e0100152_23334498.jpg

↑↓共、同じネコです。好奇心旺盛な顔つきです。
e0100152_2334553.jpg

casioの 『exilim ex-z850』という、小さな8.1メガピクセルのカメラを持ち出してみました。
e0100152_2335512.jpg

e0100152_2337473.jpg

長時間露光にするとノイズが軽減されます。
ボナンサという漁村です。
e0100152_23491477.jpg

左から右に流れています。
風紋や水紋、砂紋というのは何か整合性があって、在るべくして在る、形に見えてきたりします。
e0100152_08482.jpg

二十二時をまわっているのです。とても不思議な明るさで、小一時間前に大西洋に沈んだ太陽の残照と月光が同時に海を照らしています。
いささか見にくいのですが、陸地の手前に一筋の明るい箇所がありまして、遠くから『マ・メール・ロワ』が聴こえてくるようでした。
by barrameda | 2007-04-24 00:30 | diario | Comments(0)

白鳩

e0100152_6422678.jpg

e0100152_6425184.jpg

e0100152_643155.jpg

カラスも白やピンクだったら、忌み嫌われてはいなかったろうになぁ。
e0100152_6441010.jpg

驟雨も時にはいいものです。
e0100152_6443492.jpg

この街には『Blanca Paloma』(白鳩の意)という宿があります。最安(たぶん、ひとり20euro以下だろう)だと思われる宿なのですが、明るい清潔な白壁で居心地は良さそう。此処は旅行で訪れたら最高の街だろうなぁ、なんてことを呑みながら考えたりもします。
by barrameda | 2007-04-23 06:56 | diario | Comments(0)

verano

既に33℃になってます。
e0100152_1954251.jpg

e0100152_19545560.jpg

e0100152_19555939.jpg

e0100152_1957144.jpg

しかし私は、風邪っぴき。ボヤボヤしてます。体調を崩すというのはいけませんなぁ。
今月前半の連夜のマンサニージャ漬けが祟ったのかも。
by barrameda | 2007-04-21 20:00 | diario | Comments(0)

una camara

写真機の写真。
高いカメラなら良い写真が撮れるというなら、1億円でも安いと思う。
戦場カメラマンのカットの値段は一枚10万円。36枚撮り一本で360万円ナリ。

このところ日本人の襲来多し。皆、不思議とMacintoshのノートと一眼を持ってやってくる。
で、家には デジイチがゴロゴロしている。
e0100152_18341830.jpg

Pentax K10D
完成度の高いカメラ。AFがまともなら最高の一台。欠点が殆ど無い。手にしたときに嬉しくなる感じ。クリック感なども高級機のそれ。
e0100152_18355917.jpg

Pentax ist DS2
小さくまとまっていて、電源は依存しない単三ニッケル水素電池対応。
非常に使い易くファインダーの見えも抜群。これもAFがまともなら文句無し。
e0100152_18382072.jpg

Canon EOS20D
流石はキャノン。AF精度、スピード共に最高。カメラとしての完成度はNikonを抜いてここが一番ではなかろうか。ただしファインダーの見えは良いとは言えないのでマニュアル撮影は不向き。レンズも無骨なデザインでPentaxのような愛着湧かず。描写の傾向は十人十色なのでなんとも言えないが、Pentaxの柔らかさ、線の微細さに歩がある気がする。
e0100152_18464754.jpg

Distagon 25mm f2.8
素晴らしい広角レンズ。5.6くらいまで絞ってやって、置きピンでなんでも撮れます。
有り難い事でマウントアダプターという物があって、CanonであればContaxのツァイスレンズが使える。もちろん接点に限界があるのでメーターと連動もしないし、当然AFが使えるわけでもないので、最低限の知識は必要。
e0100152_18584762.jpg

で、Distagon 25mmとEOS20Dの組み合わせの作例。
カメラの基本性能の高さに加え、ツァイスの非常に高い解像感。
等倍でアップしてます。思いっきりオーバーでとんでますが、トリミングのみでシャープネスなど、いじってません。クリックしてみてください。
e0100152_1955933.jpg

Ricoh GR DIGITAL
よく写るコンパクト機。銀塩GRのようには写らないけれど高性能、マグネシウムボディ。高品質レンズ。デジタル一眼を使っている人でも、GRDを愛着の湧くカメラの一番目に挙げる人は多いのではないだろうか。
持っているだけで良い写真を撮影したくなる希有な機種でもあります。
by barrameda | 2007-04-17 19:12 | fotitos | Comments(4)

静かな生活 3

日曜日、あまりに好天だったために隣村「Lebrija」までノコノコと出てみました。いやぁ、良い所です。皆さん、遊んでますか?
e0100152_12594031.jpg

とりあえずビールで。Jerezに到着したら30℃だったんです。
e0100152_132453.jpg

e0100152_1313943.jpg

e0100152_1321358.jpg

e0100152_1345495.jpg

e0100152_1342827.jpg

e0100152_1353196.jpg

50kmくらいは何も無いです。こちらは空気が澄んでいるので遠景がクッキリと見渡せます。
少し離れた丘から、人差し指と親指で輪を作って覗いてみて、その中に入ってしまう程の村が私は理想であります。
e0100152_139760.jpg

e0100152_1394693.jpg

e0100152_13143686.jpg

e0100152_1315338.jpg

酒は持参した為、痛飲は丘の上で。
二、三ユーロの汽車賃で優雅な休日になりました。
e0100152_13165693.jpg

むむっ。Jerezで近藤と土方に相見えるとは青天の霹靂。スペインでも知名度が高いのか
と思いきや、なんでも漫画の格好をして若者が騒ぐんだそうな。「ルローニケンシン」って言ってたっけな。不勉強で良くわからないのだけども、親がついて行く子供もチラホラ。なんだか日本とは違う感じの微笑ましい調子だなーと思いました。
e0100152_13255132.jpg

Jerezに何故か新撰組。妙だなぁ。ちなみにビーチサンダルをわらじ風にアレンジしていたのには脱帽しました。日本の漫画はハイレベルですなぁ。手塚治虫の構図なんて未だに勉強になります。


叩かれて 音の響きし なずなかな       土方歳三

四十九年一睡の夢 一期の栄華一盃の酒       上杉謙信

手に結ぶ 水にやどれる 月影の あるかなきかの 世にこそありけれ       紀貫之

旅に病んで 夢は枯野を かけめぐる       松尾芭蕉

いやー、久しぶりに和の心。こちらの若者達のおかげ。
by barrameda | 2007-04-16 13:45 | andalucia | Comments(0)


頭の中は夢がいっぱい。


by barrameda

プロフィールを見る

カテゴリ

diario
andalucia
asia
fotitos
viaje
comida
camara
maternidad
育児
モノ・物欲

最新のコメント

タイ人女性、皆さん喪服で..
by barrameda at 20:50
喪服の美しい女性は誰です..
by cazorla at 16:55
cazorlaさん ..
by barrameda at 21:23
こちら、これから寒〜くな..
by cazorla at 05:19
cazorlaさん ..
by barrameda at 17:58
HUAWEIのP10、買..
by cazorla at 04:37
NTさん こんにち..
by barrameda at 17:23
バスの床が木で出来てるん..
by NT at 17:08
cazorlaさん コ..
by barrameda at 18:51
NTさん こんにち..
by barrameda at 18:46

以前の記事

2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月