<   2007年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

冷やしたシェリーの写真

午睡

シエスタ明け、ボヤーっとした頭のまま近所のバルに行き、キンキンのフィノで舌を洗う時間が最高の贅沢です。
マンサニージャと同じ葡萄を使っているんですが、味が違います。サンルーカルの潮風は独特で、その風がマンサニージャの風味を熟成させるのだそうです。
e0100152_22453556.jpg

写真の話題で盛り上がっているので、写真のこと。

この写真は一昨日、一人でフィノを飲みに行った時のものですが、テーブルの隅とかバルの天井とかシャドー部がつぶれるギリギリの感じです。
これは安いレンズを使っているとすぐにつぶれますが、GR DIGITALのレンズは単焦点でなかなか性能が高いのでつぶれません。
外の景色が少し白く飛んでいるのですが、撮りたい対象はキンキンのグラスに入ったフィノなのでまあ、私は良しとします。
で、決定的と思える点は銀塩写真は良いレンズを使ってフィルムを厳選すれば、デジタル以上にシャドー部も豊かな影の階調ができて明るい所も柔らかくなりますが、飛びません。
レンズの善し悪しは暗い部分の階調とか、青空などの一見単調にみえる色の再現力だと思います。銀塩写真機自体は、単なる箱です。
でも、きっと写真の善し悪しは性能とは全く関係ないところにあると私は思います。
ガウディが言ってましたが、直線は人間の物。曲線は神の物だそうです。その比率、構図などの方が重要だと思います。
私もいつもそれを意識して撮ってます。人間露出計くらいは出来ないと辛いと思いますけど、やはり構図の方が優先課題ですね。
露出がメロディで構図がリズムだと思っても良いと思います。

あ、私は写真のこと、良く知りませんから七割くらいで聞いておいてくださいね。
by barrameda | 2007-08-31 22:49 | fotitos | Comments(6)

250Years BESSA R2M

先日、所用があって朝からsevillaに行って来た。

sevillaは大都会(新宿区くらいある)で様々なものにあふれていて、人々の生活のペースも都会人のそれ。
のんびりした田舎生活に慣れた私にとっては少々疲れるけれどもとても興味深い街です。
当然、様々な人種が暮らしているので醤油や海苔、椎茸など日本食の他にも、タイ料理などに欠かす事のできない魚醤などオリエンタルな食材も売っている。
私はお金持ちになったら美味しいものを食べたいというより、美味しいものを最高の具材で作ってみたいと思うので、食料品屋さんは最高に楽しい。
いつの日か美味しいマサラを印度まで行って調合してみたい。
当分高価な食材は買えそうにないので、頭の中で最高の具材でカレーを作りながら、フラフラとsanta•justa近くのバス通りまで出て、中古物品屋さんの前を通り過ぎた、その刹那。
ありゃ、視界の片隅に燦然と輝く銀色の金属塊。あれれ。
あれって全世界300台限定のBESSA R2Mに似ているなぁ。似てるなぁ…似てる…。そっくりだ。そっくり…クリソツ…。

おっさん、この写真機、ナンボね?

この写真機か?セットのレンズが付いてないからムニャムニャ……

◎☆♨エウロ。←日本では考えられない破格。ちょっと高めのスニーカーくらいの値段。

へ?じゃ、日本の定価の七割引くらいかね?
e0100152_1726163.jpg

ボカーーーーーン!!叩き売られていたので私が責任をもって保護しました。
300台しか存在しないBESSA R2M 250周年記念モデルのシルバーモデルなので(黒は500台)あまりネット上でも写真を見かける事がない為、詳細に図解しますよ。
e0100152_17264960.jpg

カッコいい!長野(工場は長野県です)からsevillaまでよく来てくれました。数奇な運命だねぇ。
買ったのは本体だけでレンズとサイドグリップはBESSA-T101の物。それにしても安かった!
BESSA-T101オリーブとBESSA R2M250シルバーって我ながら、フォクトレンダーの中でも極め付けの二点だと思う。R2Mは皆、黒を買うからね。
写真だと分からないんだけど実物を手にすると、どうしてシルバーを黒より少ない限定300台にしたか納得できます。
写真写りは黒の方が良いんだけど、実物は黒よりもはるかに手間かかってますね、これ。シルバーというよりスノーホワイトとかパールホワイトといった印象かな。
ちなみにフィルム室のカバーも外されていない新品に近い物でした。幸運です。
e0100152_17275221.jpg

マグネシウムボディ。ライカに負けないくらい質感高いです。少なくとも巷のM3よりは綺麗かと。
e0100152_17283467.jpg

今時、中折れの巻き戻しクランクなんて泣かせるじゃありませんか。ラメラメになっていて非常に綺麗です。
ライカと比べて軽くてオモチャっぽいなんて言われてますけど、サイドグリップを付けた状態だとM8とほぼ同じ重量です。
ちなみにサイドグリップを付けると銀塩のM型と60gくらいしか変わらないので、広角レンズを付けたMPやM7、M6より少しだけ明るい50mmレンズを付けたR2Mの方が重いです。「BESSAの方が重い事もあるんですよ!」
e0100152_17292463.jpg

BESSA-Tの頃よりも巻き上げ、シャッター共に大幅に改善されてます。
さすがにその辺はライカに軍配があがりますけど。でもシャッター音を云々言う人がそれ程シビアな状況で撮影しているとは思えないこともありません。
私には、むしろ安心して2000分の1秒が切れるという方がアドバンテージになります。
そして肝心のファインダーですが、定評通りかなり見やすいです。M6より見易いのは周知の事実ですが、R3MならM3より(厳密にはM3は等倍ではないので)見易いのではないでしょうか。
頑張れ!フォクトレンダー!
でもライカも持っていたら撮影がさらに楽しくなりそうですけどね。

以上、銀塩カメラ自慢でした。
みなさん、年に一本くらいはフィルムを使おう! 緊張して面白いですよ。
by barrameda | 2007-08-30 17:36 | camara | Comments(13)

トマト完熟中

市場で笑ってしまうほどの完熟トマトを買ってきました。
値段はちょっとお高め。2キロ(大11個)で1ユーロ。
e0100152_19304335.jpg

e0100152_1931745.jpg

まだまだ暑い夏が続きます。
これから、トプトプのトマトをまるかじりします。甘いですよー。
元気出して行きましょう。
by barrameda | 2007-08-29 19:35 | andalucia | Comments(2)

ネコの横顔

e0100152_1759576.jpg

by barrameda | 2007-08-29 17:59 | diario | Comments(4)

雨後

昨日は大雨が降りました。半年ぶりくらいに見る大雨は本当に天の恵みでした。
東洋は生活の糧を農耕に頼っているから、どうしても人智の及ばないところに願掛けしたくなるのもうなずけます。
人間は種を蒔くだけだからね。
e0100152_183332100.jpg

イラクに駐留している米兵の自殺者が増えているのだそうだ。
「ボールペンも抗菌仕様」みたいな風潮は70年代から既にアメリカ方面から流れてきていると思うんだけど、奇妙な温室で育ってきた彼等が逆境に弱く、前線ですぐにクライシスに陥るのは想像に難くない。たぶん日本人より弱いだろう。力が強くて物理的に大きいのが優れている、とされている彼等がベトナム戦争(ベトナムではアメリカ戦争って言われてます、戦勝国はベトナムだから正確にはアメリカ戦争だね)で負けたのは自明だと思う。
でも、だからといって死ぬ事はないのになと思う。今も死にそうになって頭を抱えている若者がたくさんイラクに居るのだろうな。人がクライシスに陥った時に自ら命を断つというのは、人間が内省的にならざるを得ないというあからさまな証明のような気がする。一人一人は皆、普通の若者だと思うとこの流れがなんだか釈然としません。
e0100152_1853223.jpg

そういえば、22、3の頃。スペインから帰国したての私は外国に気触れていて、すぐに単身アメリカに行った。
感化され易い単純な性格なので、昔から大好きだった映画『愛と青春の旅立ち』に影響されて。
この映画の舞台のボルティモアのちょっと先のポートレーニエにある「海軍士官学校」に願書をもらいに行った。
そしたら日本人はダメだって言われた(笑)。
様々な問題のある国だけど皆、親切だったな。
e0100152_1975647.jpg

その後、フロリダまで足を伸ばしたのだけれど私はネクラだったので、一人ディズニーワールドでスペースマウンテン(本家は一人乗りです)に乗って、己のネクラ加減を払拭すべくマウンテンの闇の中、少し哀しい顔つきで絶叫していた(わりと冷めていたので絶叫するふりをしてた)。スモールワールドに入った時には、時既に違うスモールワールドに入り込んでしまっていた気がする。無性に寂しかったので黒白フィルムで写真を(鳥とかコップとかを)撮りまくっていた。その写真は今見ても寂しくなる(笑)。

でも旅の神様ってやっぱりいるもんで、これまたネクラな美少女が一人でディズニーワールドに遊びに来ていて一緒に食事をすることになった(笑)!「Planet Hollywood」という悲哀に満ちた食堂で。
綺麗な女の子と二人で食事をしていたので舞い上がっていたら、「Planet Hollywood」はその名のとおり、映画に密着した展開をしている食堂だったので『愛と青春の旅立ち』のリチャード・ギアの衣装と彼が乗っていたトライアンフが展示されていた。
海軍士官にはなれそうになかったし、今はハリウッドの映画なんて観なくなってしまったけど、フロリダまで来てこの時は嬉しかった。

ディズニーワールドには地面のタイルを20ドルかなんかで買って自分の名前を掘って、ディズニーワールド内の一角に埋め込んでくれるサービスがあって、半永久的に自分の名前が有名人のそれのように床のタイルに残るという洒落た事をやっている。
そのネクラの美少女は前年にも此処を訪れていて、自分の名前を埋め込んだのだそうだ。
タイルを買い求めた時点で埋め込む場所も教えてもらえるらしく「このあたりだと思うんですけど…」なんて言って下を向きながら、一年前の自分が埋め込んだタイルを探していた。
ミッキーマウスとの接点のみに生きているような彼女に気の利いた会話もしてあげられなかったような気がするけれど、写真が未だ残っている。元気にしているかな。
e0100152_19452827.jpg

無補正、ノートリミング。この立体感。単焦点レンズはいいですね。SMC PENTAX-M 50mm f1.7
by barrameda | 2007-08-26 19:56 | diario | Comments(8)

2 niños

A君夫妻を見送った後は日本人会の集まり。Kさん宅のネコ。
e0100152_126114.jpg



突然ですが、息子達を紹介致します。


e0100152_129399.jpg

e0100152_1294982.jpg

e0100152_1303229.jpg



冗談です。
すみません。

たまたま、イギリスからアンダルシアに観光に来られたTさん御一家とひょんな事からお知り合いになり、コピータを御一緒致しました。
お子さん達、日本語はもちろん英語もネイティブスピーカーです。可愛いですねー。ああ、子供欲しい。
e0100152_1345458.jpg

e0100152_1352818.jpg

e0100152_13617.jpg

e0100152_1365246.jpg

e0100152_137379.jpg

e0100152_1383224.jpg

e0100152_139497.jpg

二人とも甘ったれで可愛かった。坊主頭の子は皆に頭を撫でられてました。
e0100152_1392540.jpg

e0100152_1395827.jpg

フラットな目線で世界を見て行ける世代というのは、健康的でとても良い事です。
by barrameda | 2007-08-24 01:46 | andalucia | Comments(4)

para Granada

A君とA子さんは仲良くグラナダに旅立って行きました。今頃はアルハンブラを観ている頃かな。
なんでも今年の夏は混み合っていて26日まで予約券は売り切れだそう。
彼等は6時頃起きて当日券で入場するのだそうです。観光も大変です。
e0100152_18443262.jpg

見送り当日。40度(↑寒暖計見えます?)と比較的過ごし易い気温。
e0100152_18453549.jpg

e0100152_1846752.jpg

e0100152_18484518.jpg

e0100152_18491684.jpg

e0100152_18493990.jpg

見送りのホームにて。マチスタA。いつも仲が良いです。
一週間程でしたが、こちらも充実しました。また会おう。
フランクフルトにライカレンズでも探しに行こうかな。
e0100152_1855228.jpg

by barrameda | 2007-08-23 18:55 | diario | Comments(2)

残暑お見舞い

e0100152_19433954.jpg

e0100152_19444175.jpg

e0100152_1945311.jpg

e0100152_1946653.jpg

e0100152_19465338.jpg

e0100152_1948093.jpg

by barrameda | 2007-08-21 19:51 | diario | Comments(4)

teteria

マグロの後は3年ぶりにムイ・ボニートな近所の茶屋「teteria」に行って来ました。前回行ったときもA君と行ったんだっけ。懐かしい。
e0100152_19311433.jpg

21時頃です。この時間の散歩は清々しいですね。
e0100152_1932775.jpg

e0100152_1933037.jpg

e0100152_19334493.jpg

e0100152_1934325.jpg

e0100152_19345813.jpg

とても落ち着ける店です。茶の種類も豊富で世界中の茶が飲めます。
人間がリラックスした状態で居られる人との距離、「パーソナルスペース」って3mは必要だと言われていますけれど、これは本当ですね。
e0100152_19382059.jpg

e0100152_19384486.jpg

e0100152_19391195.jpg

私は積極的に表に出かけて行くタイプではないので、時々こうしたタイミングでもない限りあまり出歩きませんが、快いことが偶然に続いたりすると、その日を穏やかな気持ちで締めくくることが出来ます。
こんな事の積み重ねでいいのだろう。
e0100152_19394016.jpg

写真のコト

最近またも、パキパキの描写に戻りつつあって、ガンマとシャープを少しいじるようになりました。
夕刻以降はチビた三脚を常に携行するようにしています。

GR DIGITALのコンバージョンレンズ用のフード。これをスリットフードに替えたりしてる人がけっこういます。カッコいいんだけど描写を追求するなら止めた方がいいと思います。
日差しがとても強い国にいるのでハレっぽくなることが頻繁にあり、純正花形フードの重要性を痛感します。
iso64、f9.0まで絞っても明る過ぎてシャッタースピードが間に合わない時など大変です。


単なる偶然とも思えないから、シビアにフィボナッチ数の黄金比でも考えてみようかな。
by barrameda | 2007-08-19 20:08 | diario | Comments(2)

仲良きことは美しき哉

先日、知人を見送ったかと思う間もなくまた友人がマドリードからやって来ました。
e0100152_19254444.jpg

中二日足らずでポツンと駅で電車を待っております。そこはかとなくツアーコンダクターの寂寥感。
はるばる首都からやって来るのはA君とA子さん。新婚さんです。
A君は日本に4年程暮らした事があり、学生時代から日本語を先攻。日本語ペラペラ(たぶん全スペイン人で10本の指にはいると思われます)で漢字の書き順も完璧。日本での私のスペイン語の先生兼、飲み友達でした。彼等に会うのはかれこれ二年半ぶりくらい。A君は3年前にもアンダルシアを訪れてくれて、こちらで会うのは二回目。いつもは新宿でタイ料理や焼き鳥なんかを二人して食べてたっけな。

そのA君、某スペイン有名銀行で働いていたのですが、この度転職。その先は日本の超有名IT企業。で、ドイツのフランクフルト支社勤務に即採用。あれだけ日本文化や日本経済を熟知していれば当然と思える結果!
そして暫定的にスペインを離れる事になった御夫妻はアンダルシアに遊び、束の間小生に顔見せをして下さった。
e0100152_19441154.jpg

ヴァケーションの節なので宿は何処も混み合っておりまして、急きょ私と同じピソの一階に数日泊まる事になりました。広くて綺麗な部屋です。大家さんに相談した甲斐がありましたよ。
いや、言ってみるもんだね。
e0100152_2012195.jpg

良い部屋なんです、本当に。
明窓浄机というかなんというのか集中できる机が在るか無いかで人生って変わるような気がしてます。
e0100152_2044495.jpg

翌朝は皆で市場にくり出しました。
e0100152_2062239.jpg

e0100152_2072646.jpg

ここ最近、知人がやって来ては市場に行き、見送っています。そのせいだと確信しておるのですが、ロシア民謡の『一週間』が頭の中でリフレインしてます。
本来、人間は月曜に風呂を焚いたら火曜に入るくらいのライフサイクルでいいんじゃなかろか。最近私は、切符の券売機に15人くらい行列が出来ていても「早くしろー」とは思わなくなりました。たぶん良い事なんだろう。
e0100152_2025787.jpg

ここのマグロが美味しいのです。店主はアントニオ。日本人がマグロを買っていくのを知っていて「マイド!」と言います。面白い人です。
e0100152_20285860.jpg

e0100152_20304383.jpg

この魚↑はルナ(月)という魚だそうです。
e0100152_20331679.jpg

e0100152_20381789.jpg

A君とA子さん。夫婦善哉。
このマグロを皆で食べました。
e0100152_20562425.jpg

わさび醤油をつけてカディス県のマグロを食べた刹那のA子さん。んまーーい!!!感涙。みちのく人。
by barrameda | 2007-08-17 20:45 | andalucia | Comments(6)


頭の中は夢がいっぱい。


by barrameda

プロフィールを見る

カテゴリ

diario
andalucia
asia
fotitos
viaje
comida
camara
maternidad
育児
モノ・物欲

最新のコメント

cazorlaさん ..
by barrameda at 17:58
HUAWEIのP10、買..
by cazorla at 04:37
NTさん こんにち..
by barrameda at 17:23
バスの床が木で出来てるん..
by NT at 17:08
cazorlaさん コ..
by barrameda at 18:51
NTさん こんにち..
by barrameda at 18:46
これって現在ですよね?知..
by cazorla at 07:12
こんにちは 子供が自転..
by NT at 13:17
cazorlaさん ..
by barrameda at 11:24
日本の色ですね。鈴木清順..
by cazorla at 19:44

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月