<   2008年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

静かな生活

まったりしています。季節の変わり目はボンヤリしますなぁ。
e0100152_1694729.jpg

e0100152_1610133.jpg

e0100152_16103510.jpg

e0100152_16105792.jpg

床屋さんの知り合いがたくさんいます。
e0100152_1612118.jpg

3、4ヶ月前に9年間タイに暮らした知人が日本に帰国したのですが、彼が「やっぱ日本は疲れるヨ、何もしなくてもいるだけで消耗する」と言って、
またバンコクに帰って行きました。
こちらで会う日本人で「あぁ、日本に帰りたくないな」という人は東京の人が圧倒的。それ以外の地域の人は「日本も良い所は良いよ」と柔軟です。
e0100152_16122052.jpg

e0100152_16124026.jpg

e0100152_16131468.jpg

最近、この銘柄にハマってます。美味しいワインが安いって至福です。
e0100152_16143288.jpg

23時。三十秒開けてみました。実際もこんな色です。オリオン座の中には三つの星の他にもたくさん星があります。
e0100152_16153710.jpg

何を隠そう、ストラップ狂。日本から取り寄せてしまいました。
by barrameda | 2008-02-23 16:27 | diario | Comments(8)

chocolate

e0100152_0573194.jpg

木曜日はバレンタインだったのでチョコを赤ワインと供にモジモジと食べた。

食べていたら、太古の昔に学校に行く途中で某山手線の駅で待ち伏せされ、とある女学生にチョコをもらった事を思い出した。
とても気のいい可愛い娘さんで、高級チョコと一緒に「このチョコ食べたら、歯もちゃんと磨いて下さい」と洒落た舶来の歯磨きセットも手渡してくれた。
今になってみると、こういう娘さんに好かれたこと自体が嬉しい。
世知辛い世情の中では生きて行くのが大変そうな女の子だったから、人一倍幸せになっているといいなぁ。

あの頃、定期は紙製で女の子は氏名の下に赤鉛筆で線が引いてあったっけ。
by barrameda | 2008-02-18 01:10 | diario | Comments(4)

alegrias

やっとカディスの写真が一段落。
e0100152_4122496.jpg

e0100152_4132796.jpg

そういえば、今回カディスに行った目的は撮影はもちろんだけど、N君に会う為だった。
e0100152_4154467.jpg

好青年N君。この日は彼の家で彼のお母さん、彼の妹さんと食事を御一緒させて頂いた。
料理も上手で、母親思い。そして何より周囲によく気を遣うN君。将来、彼の嫁さんになる人は最高に幸せな人だろう。
柔軟な人というのは見ていて安心する。
e0100152_4212033.jpg

N邸屋上から。この前のアティコ(屋上にある小さめの家のコト、私の家もアティコです)、さらに屋上がある!
このアティコの住人、貧しいだろうけど幸せそうだ。
e0100152_4233324.jpg

e0100152_4363321.jpg

N君の家を後にして、「Parque Genoves」に行ってみました。
e0100152_4375087.jpg

e0100152_4383318.jpg

e0100152_4385525.jpg

e0100152_444024.jpg

e0100152_4452773.jpg

e0100152_4461071.jpg

4年前に母とカディスに来た時に、ここを知っていたら一緒に来たんだけどなぁ。

そういえばついこの間、筋金入りのマザコンの私は、母の誕生日だったので日本にいる母にチョコレートケーキ(オンライン注文)とカードを贈った。
すると届いたのか、母から突然

「なっきーににてる」

という一行だけの簡素なメールが来た。
それはどういう事かというと、カードと一緒にニャンタマの写真を同封したから、
「カード届いたよ、あんたのネコは昔飼っていたなっきーに似ているわね」というのを端折って書いたのだと思われる。だから私も

わて 「なっきーって誰だっけ?」(実家は半野良をいれると12、3匹飼っていたので誰だか判らない)と、返信をくれてやった。
すると

母 「チッチの子供の兄弟の鼻の黒いでかいの」

わて 「ああ、あのネコね。でもニャンタマの方が可愛いよ」

母 「あっそ」

わて 「ケーキ美味かった?流行ってる店のみたいだよ」

母 「忙しくてまだ受け取れてない。若者向けに流行ってるんじゃないの」

母 「あんた腰痛いんじゃないの」(ニャンタマを抱いてる写真も同封したので私の姿勢を見て腰が痛いのを察した模様)

わて 「少し痛い。こっちって冷えるじゃない、石だし」(母もスペインにちょっとだけ暮らしたことがあるので底冷えするのを知ってる)

わて 「でも腹筋もやってるし、そのうちタイに行ってゆっくり休むから大丈夫だよ」

母 「腹筋よりも、温めなさい」

母 「塩を鍋で熱してタオルで包んでうつ伏せになって腰にあてなさい」

わて 「え?? でもうつ伏せって腰に悪いんじゃないの?」

母 「たまには私の言う事聞きなさいよ」

わて 「いつも聞いてるじゃーん」

母 「とにかく塩は安いしどこでも手に入るから、鍋で温めて腰を温めなさい、わかった?」

わて 「へぇ」

わて 「油を敷くの?それとも煎るかんじ?」(これはギャグのつもりで送信した)

母 「煎るに決まってんでしょ」(冗談が通じてなかった)

母 「カップに二杯分くらいを乾煎りしてタオルで包むの」

わて 「わかった、今晩からやってみるよ」


以上、一時間程メールの応酬。

要約するとカップに二杯分の塩(タオル繊維から漏れないように粗塩の方がいいです)を鍋で温めて(4、5分)タオル(粗品でもらえるような手ぬぐい系がいいです)を風呂敷のようにして包んでやって肩とか腰にあてるんですね。これが暖かくて非常に気持ち良いです。

写真を見て腰を心配してくれるなんて有り難いことだなぁ。ああ、おっかさんよ。

e0100152_4571229.jpg

e0100152_458222.jpg

e0100152_4584114.jpg


私は知っている。
彼は恋に盲いる先に孤独に盲いている。
だから恋に盲いることなど、できやしない。
彼は年老い、涙腺までネジがゆるんで、よく涙をこぼす。
然し彼がある感動によって涙をこぼすとき、彼は私のためでなしに、人類の定めのために涙をこぼす。
彼のような魂の孤独な人は、人生を観念の上で見ており、自分の今いる現実すらも、観念的にしか把握できず、私を愛しながらも、私でなく、何か最愛の女、そういう観念を立てて、それから私を、また現実をとらえているようなものであった。

坂口安吾 『安吾巷談』

e0100152_4593081.jpg

次のカディスはいつ頃かな。
by barrameda | 2008-02-16 04:48 | diario | Comments(10)

la perla

カディス、もう少し。
e0100152_2132694.jpg

e0100152_2134917.jpg

e0100152_214914.jpg

e0100152_2144832.jpg

e0100152_2151267.jpg

この↑写真だけクリックするとデカくなります。雰囲気だけでも…

物事には、いいところとわるいところが半分ずつあるんだそうです。アンビバレントというやつ。
カディスの場合は、どんなとこがわるい半分なんでしょうかね。明る過ぎて酒がすすんでしまうところかな。
e0100152_2175368.jpg

重くて小休止。カメラバッグでの移動も痛し痒しです。
e0100152_2214636.jpg

c/campo de surのレフォルマ、こないだ終わってました。綺麗になりましたよ。
e0100152_2234362.jpg

e0100152_224495.jpg

e0100152_2242972.jpg

ネコには好かれます。
e0100152_225017.jpg

e0100152_2252496.jpg

e0100152_2255086.jpg

人間は放っておいても肯定的な行動をするのかも知れません。
e0100152_2261451.jpg

雑踏の中でも余裕があります。タイもそうだったなぁ。
by barrameda | 2008-02-13 02:31 | andalucia | Comments(8)

デラシネ

マッタリと進行しています。

放浪癖があり、よく晴れた日曜だったのでターミナルに行き最初のバスに乗って見知らぬ街に行ってみました。
e0100152_16532426.jpg

サン=テグジュペリが見たのはこんな景色だったんでしょうか。
e0100152_16535046.jpg

e0100152_1654161.jpg

e0100152_1703050.jpg

e0100152_1711278.jpg

e0100152_1713726.jpg

e0100152_1721058.jpg

e0100152_1751287.jpg

e0100152_1755785.jpg

e0100152_1771438.jpg

e0100152_1782370.jpg

e0100152_1785265.jpg

e0100152_17101719.jpg

e0100152_17124073.jpg

e0100152_17131772.jpg

e0100152_17134390.jpg

e0100152_17142261.jpg

e0100152_17144955.jpg

e0100152_1716486.jpg

最近は餃子が食べたくて仕方がありません。
祖母は満州にいた時代、親切な満州人から直々に餃子の作り方を教わってきました。
祖父が1937年製のzeiss ikonの6x6で撮影したその満州人は朴訥としたおじさんです。
そのzeissの写真機は今も現役で、私が時折使用しています。
by barrameda | 2008-02-11 17:52 | fotitos | Comments(6)

パーフェクト・ワールド

ワイドなレンズばかり使用していて芝刈りのような作画に逃げておりまして、これはいけない、と50mm(75mm)を付けたままにしてます。
解像感が嬉しくなります。
e0100152_2235348.jpg

e0100152_21454451.jpg

ネコミルクなんてあるんですね、過保護な気もしますな。
e0100152_21464740.jpg

e0100152_21471678.jpg

e0100152_21474567.jpg

e0100152_2148794.jpg

e0100152_21482816.jpg

今朝も諸々の用件で駆け回ってました。
珍しく全てが思いのままに運んだので気を良くしまして、広場で人生初めてのチュロを買い求め、日当りの良いカフェでコーヒーを楽しむことにしました。
午前中にとても親切な人5人くらいに良くしてもらいました。ラッキー♪
e0100152_21524886.jpg

e0100152_21532885.jpg

冷えないんでしょうかね。
私が女性だったら、こういう格好の時は赤とか紫のブラにするかな。
by barrameda | 2008-02-06 22:07 | diario | Comments(10)

cadiz

カディスが少し続きます。
e0100152_14412766.jpg

e0100152_14414951.jpg

家の近所に見かけたモザイク動物シリーズが、この街にもありました。
種類もどうやら豊富なようです。
e0100152_14425591.jpg

e0100152_14431780.jpg

e0100152_14434716.jpg

花屋で有名な広場ですね。後ろは郵便局です。
e0100152_14452782.jpg

e0100152_14455490.jpg

e0100152_14463946.jpg

綺麗なカディスの郵便局の階段から広場を撮影してます。
e0100152_1448248.jpg

隣には昔から続いているメルカドがありますが、カディス県では今一斉にメルカドの補修工事をしているので仮設のテントのような市場です。
空調も効いていて快適は快適なんですけどね。どうも…
e0100152_14541573.jpg

この扉を撮っていたら、二人の人に「カディス好きか?カディスはいいだろ?」と続けざまに言われました。
「カディスいいだろ?」とカディスに行って言われない日がありません。
e0100152_145756.jpg

この歪曲。恐ろしいレンズです。
e0100152_14581464.jpg

e0100152_14595928.jpg

e0100152_1505292.jpg

e0100152_1511771.jpg

ひつこくカディスが続いてしまいます。
by barrameda | 2008-02-05 15:07 | andalucia | Comments(4)

pa cai

e0100152_8291181.jpg

京都でなくて、カディスへ行って来ました。
いつ来ても幸せになる場所。本当にこの街は素敵です。この日は朝八時(まだ暗闇)の電車に乗り込んだので、独特のアンバー色の街を観る事が出来ました。

上のネコ(♂)のほっぺたがふくらんでいるのは、喜んでいるからです。
e0100152_8345060.jpg

e0100152_8351153.jpg

e0100152_8353054.jpg

ここ、知ってる方も多いのではないでしょうか。カディス新聞社の前のカフェです。
閉店してしまったのでしょうか。
夏にここで飲むアイスコーヒーは最高でした。
e0100152_8375182.jpg

e0100152_8381325.jpg

私にとって一生のうち一度は暮らしてみたい場所です。
e0100152_8403057.jpg

フィルム、デジタル、計1000枚程、撮って来ました。
いつもの如く特筆すべくサプライズもありませんが、まったり続けてみます。
by barrameda | 2008-02-02 08:57 | andalucia | Comments(6)

recuerdo de lebrija.

e0100152_9184381.jpg


眠い感じに仕上げてみました。

GR DIGITAL
トラックバック企画「鉄道」に参加。
by barrameda | 2008-02-01 09:17 | fotitos | Comments(0)


頭の中は夢がいっぱい。


by barrameda

プロフィールを見る

カテゴリ

diario
andalucia
asia
fotitos
viaje
comida
camara
maternidad
育児
モノ・物欲

最新のコメント

cazorlaさん ..
by barrameda at 17:58
HUAWEIのP10、買..
by cazorla at 04:37
NTさん こんにち..
by barrameda at 17:23
バスの床が木で出来てるん..
by NT at 17:08
cazorlaさん コ..
by barrameda at 18:51
NTさん こんにち..
by barrameda at 18:46
これって現在ですよね?知..
by cazorla at 07:12
こんにちは 子供が自転..
by NT at 13:17
cazorlaさん ..
by barrameda at 11:24
日本の色ですね。鈴木清順..
by cazorla at 19:44

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月