<   2009年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

三等列車で四時間

e0100152_1434091.jpg

e0100152_14351638.jpg

om-4 28mm f3.5 velvia 50
お気に入りの宿に数年ぶりに行って来ました。
e0100152_14535349.jpg

om-4 28mm f3.5 velvia 50
コロニアル調の一軒宿です。
e0100152_14541735.jpg

om-4 28mm f3.5 velvia 50
今回は離れのちょっと高めの部屋(スイートふう)に私なりに贅沢をして泊まってみました。
e0100152_1454388.jpg

om-4 28mm f3.5 velvia 50
東南アジアにあるフランス植民地化の影響を受けた建物は(厳密にはこの国は例外ですが)本当に美しく日本人にとっては欧州よりも過ごし易いです。
e0100152_1456870.jpg

om-4 28mm f3.5 velvia 50
この手の扇風機、見かけ倒しかと思いきやしっかりと涼しい風を送ってくれます。首振り機能つき。
ただ、ちょっと危険なので子供や動物がいる家では無理っぽいです。
e0100152_14573660.jpg

om-4 28mm f3.5 velvia 50
今回はクマ美も留守番。久しぶりに一人で深く深く眠りました。やはり旅は一人に限るね。
e0100152_14581574.jpg

om-4 28mm f3.5 velvia 50
e0100152_14583846.jpg

om-4 28mm f3.5 velvia 50
e0100152_1459571.jpg

om-4 28mm f3.5 velvia 50
e0100152_14593283.jpg

朝、散歩していたら女学生がいたので一枚撮らせてもらいました。日本でやったら変態オヤジだな。



宿とくっついてるカフェのチーク材の床にペタっと直に座って、貝殻の風鈴がキャラキャラと鳴っていて、そんなシチュエーションで朝のコーヒー。
インスタントでしたけど、40分くらいかけて飲み干しました。
今回泊まったスイートルームは一泊、七百円。美味しいコーヒーは二十五円。汽車賃は七十円弱。 

クマ美が待っていたので夕方に出て昼過ぎには戻りましたが、久しぶりにリフレッシュできました。
これもまた贅沢かな。
by barrameda | 2009-02-07 14:42 | viaje | Comments(10)

漂えど沈まず

モノクロプリントの質が非常に低くてラボを何件も変えていたところ、納得のいく私好みの淡い焼き方をしてくれるプリンター(機械じゃなくて人)さんに出会えました。
無理を言って暗室作業を見せて頂くことに成功しまして、この間彼の家まで行って細かなプロセスを教えて頂きながら60本分ほどのフィルムの中から選んだコマを8×10の大きさに大量に焼いてもらってきました。

写真というのはオリジナルプリントのみが最終媒体だと私は考えてます。
ですから厳密に言えば写真と呼べる物は写真集や誌面ではないです。
最終媒体ではないから「メディア」と言うんですよね、当たり前ですけど。
たぶんそこのところの認識が浅くなってきているなと最近思います。
撮影後の作業に力を注いでいる人の写真は、レンズの主張からフィルムや印画紙の主張の方向に軸足がどちらかというと傾いてくる傾向にあるようで、繊細でありながらも安定感が増しています。
そういう方達の写真は見ていて隙がなくて美しいと思います。
e0100152_1371122.jpg

さてさてモノクロを主に30年も焼き続けているRさん。現像液も自作であります。
「最近はデジタルが増えて仕事も減ったし、現像用品の値段もここ数年で倍になったよ」
とのこと。嘆かわしい話じゃありませんか。
そういえば私がここ10年ほど現像に出していたラボも、すべてデジタルのみの取り扱いになってました。
店主に聞くと「僕もフィルム、それもネガが好きだけど今はそういう時代だから」
というつれない返事でしたから仕方のない事なのかも知れません。
それにしてもデジタルデータをプリントに出したはいいものの、そこらへんのラボの場合デジタル特有の品質の劣化に対して皆はどうやって気持ちの帳尻を合わせているんだろう。
先日、家電量販店に何年かぶりに入ったけど液晶とかプラズマだとかの薄型テレビがたくさん売られていて画面を見たけれど現実よりもビビッドで現実よりもシャープでした。
あれが美しさの今風の定義なんじゃろか。なんだかずいぶんとサディスティックだなという印象でした。
キャッチーなものじゃないと受け入れられないとしたら、それはそれで問題ですな。
e0100152_1381414.jpg

40年前のアグファの引き延ばし機を使って焼かれた多階調印画紙に銀の粒子が定着しアンダルシアの街を再現していきます。
この上ない瞬間です。フィルムを使っていて良かった!
e0100152_1394943.jpg

タイマーも往年のアグファ。この頃のアグファはライカよりも使い易いのだそうです。
引き延ばし機のレンズも最高なのだとか。
Rさん、覆い焼きが天才的に上手で非常に参考になりました。
ちなみに彼のカメラはハッセルとリンホフでした。35mm判は使わないと言ってましたが、私のカメラが欲しそうでした。
e0100152_13114972.jpg

若かりし頃のRさんご夫妻。まだドンムアン国際空港もピカピカだったそうです。
暗室作業の後は、奥様の手料理を頂いてきました。
拙いけどタイ語が話せて良かったとこの時ほど思った事はありませんでした。
私はいい人達に恵まれるなぁ。
e0100152_13125492.jpg

さてさて、人に教えを乞うた後は人になにか教えなくてはなりません。
って、私が人様に教えられるものなんてネコの飼い方くらいしかないんだけど…
まぁ、あるとしたら「超初級日本語」のみかな。
e0100152_13133357.jpg

というわけで翌々日は日本語講師やってきました。
実は日本語講師今回が初めてではなくて何度かやっているので、いつもの調子でいいかなと何年かぶりに襟付きの長袖で挑んだのですが。
e0100152_1314158.jpg

e0100152_13144877.jpg

奴ら全く人の話聞きません。ネイティブスピーカーの発音は重要なんだけど。
この日は朝一番の授業から夕方までみっちりとやらされてクタクタでした。
田舎の学校の生徒達はもっと純朴だったんだけどなぁ。
e0100152_13154133.jpg

高等部はすこしだけマシでした。
e0100152_13162667.jpg

っちゅうわけであまりに疲弊したので久しぶりに一人、小旅行に出ました。
e0100152_1317158.jpg

e0100152_13173327.jpg

e0100152_13175997.jpg

e0100152_13183426.jpg


つづく〜
更新が遅くてごめんなさい。環境がだいぶ落ち着いて来たのでなるべくマメに更新します〜
by barrameda | 2009-02-04 13:22 | diario | Comments(12)


頭の中は夢がいっぱい。


by barrameda

プロフィールを見る

カテゴリ

diario
andalucia
asia
fotitos
viaje
comida
camara
maternidad
育児
モノ・物欲

最新のコメント

NTさん こんにち..
by barrameda at 17:23
バスの床が木で出来てるん..
by NT at 17:08
cazorlaさん コ..
by barrameda at 18:51
NTさん こんにち..
by barrameda at 18:46
これって現在ですよね?知..
by cazorla at 07:12
こんにちは 子供が自転..
by NT at 13:17
cazorlaさん ..
by barrameda at 11:24
日本の色ですね。鈴木清順..
by cazorla at 19:44
こんにちは。 ご無沙汰..
by barrameda at 22:21
父が鹿児島なんですが匂い..
by cazorla at 15:32

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月