<   2010年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ヘルメットっぽい。

e0100152_20474799.jpg

e0100152_20484189.jpg

e0100152_20535890.jpg

e0100152_20551032.jpg

e0100152_2059968.jpg

e0100152_2057503.jpg


Voigtlander Bessa-T 101 Heliar 50mm f3.5

もう、ずいぶん昔のような気がします。スペインに行きたいなぁ。
私は、シンプルなのと楽なのとで写真はフィルムがあり続ければフィルムに落ち着くと思いますが、
その中でもレンジファインダーの50mmは終着地点のような気がしてきました。
35mmかな、と思っていたんですけどね…


あまりの暑さでハゲにしてもらおうと散髪に行きました。
しかし、あれですねぇ、ビビってしまい「3cmとか4cmくらいにしてくらはい」と言ってしまったのです(本当は『ボディガード』の時のケビン・コスナーみたいにして欲しかった)。
そうしたら全体を3、4cm短く切られただけでした。
最後に「どうですか?」と聞かれ「あ、うん、いい感じ?(微妙な疑問形)」と言ってしまいました(散髪代200円だったし、優しいおばちゃんだったので文句も言えず)。
嫁には腹を抱えて笑われ、80年代の野々村真のような頭で今夜はやけ酒です。
今、落ち込んでいる人がいたら私の髪型だけで元気づける自信あります。
by barrameda | 2010-02-28 21:04 | fotitos | Comments(18)

結晶作用

e0100152_18463969.jpg

e0100152_18471559.jpg


nikon F3 sigma 14mm f3.5
fuji superia 200

納戸からテレビを引っ張り出してフィギュアを観ました。
前のアパートにも、その前のアパートにもテレビはなく、今の家に引っ越して来てすぐにここのテレビも片付けてしまったので、
自宅でテレビを観たのは一年以上ぶり。
娘も生まれて初めてのテレビ視聴です(残念ながら一瞥もくれませんでした)。

スケートのことは全く分かりませんが、日本勢健闘しましたね。
舞踊として観る事ができるなら、二の腕から指先にかけてはその人の知性が如実に出るような気がしました。
アジア勢の方が豊かに表現していたように思います。細やかなんでしょうか。

写真はBKKからダイレクトに帰宅しようと思っていたのに、疲れて不本意ながら一泊した田舎のバスターミナル前の安宿。
by barrameda | 2010-02-26 20:04 | fotitos | Comments(14)

海まで近い町のうすらさむい朝

e0100152_0205192.jpg

e0100152_0261698.jpg

e0100152_0285197.jpg

e0100152_030883.jpg


nikon F3 nikkor 24mm f2.8
fuji pro160c

ここ、一応ホテルなんですが夜中にシャワーを浴びていたら巨大なゴキブリが二匹も出まして、
こっちは全裸なもんで余計に肝をつぶすわけです。
たまたま水圧が強かったので、排水溝から何処か遠い国へ行ってもらいました。
一気に目が醒めてビールを飲みに行ったっけな。
by barrameda | 2010-02-25 00:42 | fotitos | Comments(8)

不充足なき旅路 3

今回宿泊したホテルは朝食がついてました。
子供が生まれてからというもの、早起きが当たり前に(寝れない?)なってしまっているので苦もなく7時過ぎには階下へ。
e0100152_12222027.jpg

あまり期待してなかったのですが
e0100152_12225994.jpg

わりとちゃんとした朝食です。三種類の中から選ぶのですが、私は無難にトースト。
他にはクロワッサンとスウェディッシュ・ワッフルっていうのもありました。
やはりラオスはコーヒーとヨーグルトは本気で美味しいですね。バターも無塩に近い味でさっぱりしてて良かった。
近頃、和食の朝食の有り難みを痛切に感じております。
e0100152_12232871.jpg

旅先の楽しみは私の場合はなんと言っても宿の居心地。モサーっと過ごすのです。
このホテルも出来れば連泊したかったのだけれど、貪欲に新しい宿にも泊まってみたかったので
こちらも前から泊まってみたかった宿に移動、新たな宿に投宿。
e0100152_1224129.jpg

ベビーベッドが無かったのが難と言えば難でしたが、最上階(といっても五階だけど)の角部屋に通してもらえました。ラッキー。
e0100152_12242526.jpg

このホテルは部屋に加え、中庭の居心地が最高でした。
e0100152_12244871.jpg

夜は貸し切りで星を見ながらビアラオダーク。オリオン座のベテルギウス(赤いやつ。太陽の一千倍の大きさなんだそうな)がもうすぐ消滅するんだ…とか考えました。

照明の具合もスタッフが調節してくれて開放感ありあり。
ささやかですがビューティフル・ナイトです。
ちなみにこの日は中国暦で大晦日だったので、ビエンチャンの街も活気があってあちこちから「新年おめでとう」とか「よいお年を」とかの文言が様々な言語で飛び交ってました。

夕食はビエンチャンでは有名なイタリアン「La Gondola」へ。
オーナーはベニスの人かどうかは不明ですが、イタリア人で終始ニコニコの気さくな人でした。娘をとても可愛がってくれました。
e0100152_12261839.jpg

付き出し。
トマト、タマネギ、ニンニク、オリーブ、アンチョビ、バジルを白ワインビネガーとオリーブオイルで和えてありました。
付き出しながら、この日のメニューの中で一番美味しかった。
e0100152_12263231.jpg

ミックスサラダ。
e0100152_12265192.jpg

ゴルゴンゾーラのペンネ。これも美味。
e0100152_12273474.jpg

不思議と四角いカルボナーラ。むむー。
e0100152_12275395.jpg

ポモドーロ。むー。

ここのハウスワインの赤が安かったのですが、あまりに旨くカラフェで二杯飲んでしまいました。約1.2リットルです。
このお店、テラス席もあるのでバルとして利用してもかなり楽しいと思います。
う〜ん、ビエンチャンでアパート借りるかな。
by barrameda | 2010-02-21 12:34 | viaje | Comments(12)

れがりーと

ビエンチャンでTシャツを買ってきました。以前からBeer Laoのシャツを着せてみたいと思っていたのです。
e0100152_1745475.jpg

少し大きめの物を選びました。2歳くらいまで着られるといいのですが。
e0100152_17471955.jpg

よく寝ています。うちの娘は寝付きも悪く、ぐずりも凄まじく粉ミルクを飲まないので保育園に入園させたくても断られそうです(入れる予定はありませんけどね)。

東京のある区の保育園事情(厚生労働省認可)を調べてみましたが…
0歳児クラス6人の枠に応募総数は250人だったそうです。ぐへ〜

さらに条件があって…

・両親共にフルタイム勤務であること
・両親の仕事が激務であること(勤務時間、勤務場所、会議の頻度など書類で提出)
・名刺の肩書、ポジションが重要職であること
・四月からの登園が可能であること(必然的に4、5、6月生まれであることが条件です)
・祖父、祖母が遠方に暮らしていること
・申し込み時点でどこかに預けている事実があること(シッターの明細、無認可保育園の登園許可書の提出)
・自営でないこと
・両親ともアレルギーがないこと

以上を基本的に満たしていないと厳しいそうです。
厳しい現実ですねぇ。入園可能な乳児は限りなく少なそうです。 
現場の状況を知っているわけではないのでなんとも言えませんが、もう少しゆるくても良さそうな気もするんですが…
e0100152_133291.jpg

山岳民族の手織りの財布も買って来ました。
黄色とかピンクの財布ってお金が貯まりそうな気がするなぁ。
by barrameda | 2010-02-19 17:49 | diario | Comments(8)

不充足なき旅路 2

e0100152_1915549.jpg

e0100152_193427.jpg

e0100152_1971497.jpg

いつものコーヒー屋へ。
この店はフェアトレードをしていて電気のない村の(首都ビエンチャンの近くにもたくさんあります)
人々が作ったコースターや布、小物なども販売しています。
e0100152_1973229.jpg

そのコースターです。刺し子なんです。すばらしい出来です。
私はスポーツカーやバイクも好きで一日眺めていても飽きる事はありませんが、こういったものも一日眺めていても飽きません。
めでたい性格だなと思います。
e0100152_1911384.jpg

とりあえず、パトゥーサイ。
ここは国会の前に位置していて、日本だとさしずめ永田町近辺あたりだと思うのですが、いつきても首都の中心部とは思えないです。
車の数とか人の数のスカスカ感が最高です。
e0100152_1914417.jpg

e0100152_19142897.jpg

e0100152_19201415.jpg

私はあまりレンズの描写の違いとか、デジタルカメラの描写の違いとかがよく分からないのですが、
LX3はよく写ってくれます。そろそろ後継機の発表のようですね。
e0100152_1921638.jpg

スペイン以来のスペインワイン。
運搬状況も劣悪だと思ったので味は期待していなかったのですが、かなり美味しかったです。
e0100152_1925284.jpg

静かないい夜です。

そういえば、東京の板橋区で犬の住民票が正式に登録できるようになったそうですね。
書類上の手続きかもしれませんが、大きな変化ですね。猫のパスポート交付まではあと何年かかるやら… 
by barrameda | 2010-02-18 19:27 | viaje | Comments(8)

不充足なき旅路

今回は泊まりたい宿に泊まって、食べたいものを食べて、行きたい所に片っ端から行って来ました。
滞在したのはビエンチャンのみだったので特に真新しいものもなかったのですが、たまには短期旅行者気分もいいものです。
e0100152_233843.jpg

ビエンチャンを訪れる度に、いつか泊まってみたいと思っていたホテルに泊まってみました。
期待通りのコロニアル調で快適です。
こういう様式(様式と言う程のものではないかもしれませんけど)、最も快適な居住空間の一つではないでしょうか。
e0100152_23383156.jpg

籐の長椅子。座り心地がいいですね〜。
新しくカメラを買っちまいました。銀塩です。オートフォーカスのカメラは久しぶり。
e0100152_1371934.jpg

ほぼ貸し切り状態だったので静かに過ごせました。
この手の建物は大抵開放的に作られているので、光の残滓のようなものがそこかしこに散らばっていて懐かしいような切ないようなです。
マクロ的視野で捉えると、透明度の高い光というのは色や時間帯に関わらず、何かを思い起させる作用があるのかもしれませんね。
e0100152_1394238.jpg

事前に頼んでおいたベビーベッドもアンティークでした。
母親も小さくなれば一緒に眠れる程の大きな物です。
こんなベビーベッドが自宅にもあったらいいなと心底思いました。どこで売ってるんだろう。
e0100152_1245576.jpg

娘も零歳児なりにかなり喜んでいる様子。
今回の旅に合わせて、人生初の靴を買い与えました。まだ歩けないのですが。
by barrameda | 2010-02-17 17:10 | viaje | Comments(12)

春夏コレクション

e0100152_15251636.jpg

今までの服は水玉でしたが… (場所は引っ越し時のホアランポーン発の個室寝台です)
e0100152_1526299.jpg

装い新たに、イチゴクマーミー!!
e0100152_1527146.jpg

ちょっとばかし人より可愛いからって最近は調子に乗っています。
by barrameda | 2010-02-16 15:50 | diario | Comments(12)

ハナが乾いてきました。

e0100152_12591824.jpg

所用でアタフタとして煮干の如く疲弊しております。移動もしたりしています。
ニボシとかメザシっていう魚がいると思っている人も少なくないようです。
もう、数日で落ち着くことができそうな気配であります。
私がネコであったらそろそろハナが乾く頃合いです。

nikon F3 sigma 14mm F3.5
fuji pro160c
by barrameda | 2010-02-15 13:04 | fotitos | Comments(6)

So lets start giving.

e0100152_1122341.jpg

e0100152_113084.jpg

e0100152_1144852.jpg

最近さらに無防備さに磨きがかかったクマ美ですが、よく考えたらスペインにいた子供の頃からこんな状態だったんですね。
全てのネコは自分が「人間とはちょっと違うな〜」という認識があるそうですが、時々完全に自分を人だと思っているようなフシがあって可笑しいです。
ポンポンと私のことを叩いて呼ぶんですよ。
e0100152_11152246.jpg

向こうにいるのはニャンタマ母さん。今は岩手で私の母の作ったキャットタワーで遊んでいます。
ニャンタマはスペインにいた頃から外に用足しに行くのですが、雪がたくさん降ったそうで、フルフルと震えて帰ってくるそうです。
e0100152_11195561.jpg

e0100152_11222391.jpg

e0100152_112564.jpg

e0100152_11253973.jpg


ここ二週間ほど、情操教育と称して毎朝無難なところで『We Are The World』を娘に聴かせています。
毎回必ずブルース・スプリングスティーンとシンディ・ローパーのシーンになると、興味があるらしく絶叫します。
娘、なかなかの審美眼であります。
私はベット・ミドラーがツボかな。

いい一週間にしましょう。
by barrameda | 2010-02-08 11:27 | andalucia | Comments(14)


頭の中は夢がいっぱい。


by barrameda

プロフィールを見る

カテゴリ

diario
andalucia
asia
fotitos
viaje
comida
camara
maternidad
育児
モノ・物欲

最新のコメント

タイ人女性、皆さん喪服で..
by barrameda at 20:50
喪服の美しい女性は誰です..
by cazorla at 16:55
cazorlaさん ..
by barrameda at 21:23
こちら、これから寒〜くな..
by cazorla at 05:19
cazorlaさん ..
by barrameda at 17:58
HUAWEIのP10、買..
by cazorla at 04:37
NTさん こんにち..
by barrameda at 17:23
バスの床が木で出来てるん..
by NT at 17:08
cazorlaさん コ..
by barrameda at 18:51
NTさん こんにち..
by barrameda at 18:46

以前の記事

2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月