<   2016年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

西伊豆 

e0100152_11215752.jpg
e0100152_11220781.jpg
e0100152_11222017.jpg
e0100152_11221369.jpg
e0100152_11225093.jpg
kodak ektachrome 64
olympus om-1

西伊豆、よい所ですね。
暮らしてみたい。

by barrameda | 2016-02-27 11:26 | fotitos | Comments(8)

黄金:製麺:筆耕=

e0100152_22545569.jpg
e0100152_22543570.jpg
e0100152_22544606.jpg
e0100152_22542504.jpg
カニバミーのOdeanに行ってきました(上はラートナー・ガイです)。
いやはや、上には上がいるなぁ〜という程の美味しさでした。
今まで食べた麺類で1、2を争う味で特筆すべきはその麺でございまする。
自家製麺なんですけど、徹底的に吟味されてましたよ。
万人にオススメであります。
ヤワラートのソイ7からワット・トライミットに抜ける途中のチャルンクルン通り沿いの右のとこです(左側の奥に細長いクイッティアオの店も美味しいです)。
e0100152_18443410.jpg
e0100152_18444202.jpg
e0100152_23002813.jpg
ワット・トライミットにも行っておきました。
黄金仏が安置されているチェディは外国人100Bなんですね(無料で入りましたが)。
この塔、以前作っていたのを見かけたのでわりと最近できたのかと思っていたら2010年に出来たらしいです。
場所がいいからなのか大型観光バスが次から次でスタッフも疲れきっていて
なんとなく…ですが、残念な感じでした。
経済効果を優先させるのか、昔からお寺に寄進してきた人々の気持ちを慮るのか…
仏様は美しかったんですけどね。
e0100152_23002026.jpg
e0100152_23005461.jpg
チャルンクルン通りに毛筆で様々書いてくれるおじさんがチラホラいるんですよ。
赤に金って最高ですよね(最近インドシナカラーに感化されてる)今度書いてもらおうと思ってます。
e0100152_23004785.jpg
「Chinese Calligraphy」って英文の説明があったんですが、自らの達筆が生業って一つの真実に思えました。
夕方まで毛筆で頼まれた有難い字を書いて日々訪れるお客にそれを渡してお金を頂いて、少々の酒を飲みに行く…
どんな人生なんでしょうか。

ワット・トライミットの経営陣よりは豊かな人生に思えちゃうなぁ〜

by barrameda | 2016-02-19 19:23 | asia | Comments(2)

ぷらつーなむ

e0100152_09031986.jpg
e0100152_09032909.jpg
e0100152_09030299.jpg
e0100152_09031066.jpg
vivitar ultra wide and slim
fuji superia 400

久々にバンコクでフィルムを使ってみて思ったのですが、この街はDP Quattroシリーズとの相性が良さげではないかと思うのであります。



『Flowers Of Shanghai』もそうですが『花様年華』でのクリストファー・ドイルとリー・ピンピンは確信犯的です。
お二人とも35mmフィルムを今も撮影で使用していて、レンズフィルターは自作しているそうです。
処理はデジタルなのでシアンとかイエローとかは後で調整してるのかと思っていたんですが、フィルターからなんでしょうかね。

それにしてもトニー・レオンってどの作品でも水餃子とか麺類とかばかり食ってますね。

by barrameda | 2016-02-15 09:25 | fotitos | Comments(0)

春節の

e0100152_13521677.jpg

e0100152_13535555.jpg

e0100152_13525131.jpg

e0100152_13522394.jpg

e0100152_13515167.jpg
↑ここが前述の保護地域のひとつです。
いい感じで残してくれそうですよね。

e0100152_1352256.jpg
中国から日本に文化が伝来した過程で、どこで派手さが無くなったのか興味深いです。
日本だと藍色とか紺とかの方が身近に感じますよね。
e0100152_13514229.jpg

e0100152_13513052.jpg

e0100152_1354861.jpg
一応、ワットスタットに立ち寄りました。
ここは昔から華人が多く住む地域なので中国色が濃いですね。

『Flowers Of Shanghai』の冒頭の長廻しシーンです。
圧巻の8分ですね。
スチルと違って、シャドウも潰れませんし配色も最高です。

by barrameda | 2016-02-12 23:13 | asia | Comments(2)

結界島

e0100152_1582526.jpg

e0100152_1585044.jpg

e0100152_15964.jpg



vivitar ultra wide & slim
fuji speria400

昨日、春節で賑わうヤワラートを散策して参りました。
特に爆竹が鳴るわけでもなく露天などで賑わっているといった風景でしたが、夜になると喧しくなりそうな気配でした。

上の写真は去年の暮れごろに撮ったものですが、
てっきり地下鉄工事(パープルライン)の影響でチャルンクルン界隈が取り壊しになっているのかと思いきや
それは一部で、中華街の主にプラナコーン内側方面は歴史遺産としての保護、修繕が目的なんだそうです。
あと3年で全ての工事が終わるんですよ、とのことでした。

中央駅を除き、BTSも地下鉄もなくわりかし不便な地域といえばそうなんですが、
ラタナコーシン島に暮らす身としては安堵致しました。
バンコクが放つ矜持というものが旧市街の飴色の斜陽というのか、そんなものを纏っていると考える人も少なくないと思うんですが
(減ったかな…)
旧市街が残るというのは朗報と言えるかもわかりません。
by barrameda | 2016-02-12 10:46 | fotitos | Comments(0)

寸景

e0100152_1045262.jpg

e0100152_105027.jpg

e0100152_1044285.jpg


vivitar ultra wide
fuji superia 400

ワットマハータート(バンコクの)の近くに良さげなラボを発見しまして、そこで現像とスキャンをお願いすることにしました。
現像が50Bでスキャンが50Bなんです。
ラップラオ方面よりも良心的かな〜と思います。
プリントはkodak Royal paperですし、現像とスキャンも1時間で上がってきて仕上がりも丁寧です。
そのせいかもしれませんが、タイ人のお客さんが結構いて賑わってました。
有難いですね〜

春節に加えて子供達が熱帯魚のベタを飼いたいと言い出して二匹も買ってきてしまいましてドタバタです。
いつの間にか「自分でちゃんと世話をするんだよ?、できる?」っていう役回りなんですが、結局水質を見たり水槽の掃除は私の役目でございます…
ベタって可愛いですね。
by barrameda | 2016-02-09 10:17 | fotitos | Comments(0)


頭の中は夢がいっぱい。


by barrameda

プロフィールを見る

カテゴリ

diario
andalucia
asia
fotitos
viaje
comida
camara
maternidad
育児
モノ・物欲

最新のコメント

これって現在ですよね?知..
by cazorla at 07:12
こんにちは 子供が自転..
by NT at 13:17
cazorlaさん ..
by barrameda at 11:24
日本の色ですね。鈴木清順..
by cazorla at 19:44
こんにちは。 ご無沙汰..
by barrameda at 22:21
父が鹿児島なんですが匂い..
by cazorla at 15:32
tksさん こんに..
by barrameda at 12:12
こんばんは。日本はGWで..
by tks at 00:47
tksさん おはよ..
by barrameda at 13:24
どうも、ご無沙汰していま..
by tks at 02:05

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月