ビルマのたわごと

さきごろ一月に渡って単身フラフラとあてのない旅をしていたのですが、
美味しい鉄観音を頂いてきた山間の村はメーサロンという村です。
気がついてた人もいたかな。
e0100152_1504560.jpg

そのメーサロンの最も高い山の頂にある寺と、メーサロンからメーサイまでの道中です。
それにしてもメーサロンはタイ観が変わりました。この辺りは文化が混在していてメチャメチャに素晴らしいです。
アクセスが悪過ぎるだけあって様々なものが変化せずに残っていました。
e0100152_150553.jpg

私は絢爛豪華できらびやかな寺そのものには、あまり有り難みを感じることはないので
もっぱら建築資材をここまでどうやって運んだのかが気になりました。
標高が高いのですさまじい労力だと思われます。
e0100152_150499.jpg

e0100152_151464.jpg

e0100152_1512165.jpg

宿泊したメーサイの宿。ここは、かなりヤバめです。
レンズの歪みではなくて、建物がクニャクニャなんですよ、これ。
ここに住み着いてる日本人がいました。
私が「どのあたりをまわってこられたのですか?」と訊ねますと、
「あ、まわってるっていうか、あ、ゴロゴロしてます」と返答がかえってきました。
たぶん三十歳くらいの男性だと思うのですが、不思議と国境の街で沈没してるような雰囲気はなくて
爽快な感じの方でした。
私は翌朝早くにチェンライに移動してしまったのですが、酒でも一緒に飲んだら面白い人だったかもしれません。
e0100152_1512496.jpg

メーサイはミャンマーとの国境がある街なので警備がかなり厳重です。
両国間にラオスやマレーシアとの国境のような友好的な感じはしませんね。
兵隊に銃を持たせてくれませんか?と懇願したのですが、「ダメ」の一点張りでした。ケチくさ。
e0100152_1512839.jpg

ミャンマーはすぐそこ50メートル。宿の兄ちゃんに「外国人は絶対に川まで出てはいけません。危険です」と念を押されました。
e0100152_1513218.jpg

このあたりも山岳民族の方が大勢います。家は山にあるそうで毎日3時間かけて歩いて来るそうです。
山道をそんなに歩いて疲れないんですか?と聞いたら鼻で笑われました。タフです。
歩きながら乳房を放り出して授乳してました。タイでは見慣れた平和な光景です。
最近は山手線の車内でも、気にせずに乳房を放り出して授乳している二十代のお母さんもチラホラいるみたいですね。
皆、目が点になるそうですが。
e0100152_1513711.jpg

ソンテウで途中から一緒になったカムラさん(25歳)。
一人、また一人と降りて最終的に二人になったので下心を悟られないように声をかけてみた。
言ってみれば一つのマナーですね。ぐふ。


タイ語で「どこに行くんですか?」と言うと「??」という表情をされたので、もういちどタイ語で「どこに行くの?」
と訊くとネイティブ並みの英語で返されました。
彼女の話では、彼女はミャンマー人でタイにショッピングに来たんだそうです。
ミャンマー人にしては裕福な子だなぁ。と思ったらご両親は病院をやっていらっしゃるそうです。
あの国で個人的に病院を経営できるのかは不明ですが、身なりや話し方からして(ウォーリーを探せ?不思議な服のセンスは置いといて)
アッパークラスの余裕と雰囲気がありあり(こういうのは東南アジア人はあからさまに分かりますね)。
アジア人が義務教育で覚えた感じの英会話ではありませんでしたから、高尚な家柄の女性なんでしょう。
市場の場所やバスターミナルの行き方などを非常に優しく丁寧に教えてくれたので、彼女のスーツケースを国境ゲートまで私が運んだのですが別れ際、イミグレーションで「もし、ミャンマーに来ることがあったら…」と電話番号をくれました。

旅行者の間で有名なヨタ話の一つに、「アジアではミャンマーの女がダントツに綺麗で気立てもいい」(南米の3Cみたいなものかね)という都市伝説めいたものがあってトボトボと歩きながら「それって本当かも…」と少しほろ苦い気分の中、反芻。
透明感のある素敵な女性だった。

ミャンマーはこの間から空港でもアライバルビザが取得可能になったので、成田からヤンゴン行きの飛行機に乗るだけでミャンマーに行く事が出来るようになりましたね。
いい時代ですね〜
by barrameda | 2010-07-24 15:27 | viaje | Comments(6)
Commented by はる at 2010-07-25 11:13 x
高い山のうえだとやっぱり涼しいところなの?
こういうところでする一服、たしかにお茶は美味しいんだろうなあ。
山岳民族の人の顔つきはメキシコの先住民の顔つきにも似てるね。
透明感のある女の子だ。スーチーさんにもあるよね、透明感。
兵士ケチくさ、か。こっそりウケました。

電車の中ではまだしたことないけど、
レストランなんかでの外授乳はわりかし平気かも。
一応ケープで隠すんだけど、
子どもが暑がって結局取り去るので目隠しのイミを果たさず。
Commented by barrameda at 2010-07-25 12:54
はるさん

こんにちは。
このあたりは冬期は(11月から2月の上旬くらい)そうとう冷えると思います。
僕が行ったのは6月でしたが、まったく環境が違いました。毛布とか長袖は普通ですね。東北の6月くらいかなぁ。

透明感たしかにスーチーさんもありますね。スーチーさんのカリスマ性ってあの透明感が発端かもですよね。
兵士達も大抵は志願兵じゃなくてくじ引きで外れた人が兵士になるので(徴兵で50%の確率で徴兵)やる気があんまりないんですよ。
でも、けっこういい人が多くのも事実ですね。ただ、2年は長いな〜。

授乳、日本だと難しいよね。
あのケープのさぁ、微妙なボタンの位置とかマジックテープの位置とかってすごく精神衛生上よくないよね。
無理した構造になってるのが見え見えなのだ。
子供も嫌がるね。あれは。
でも取っちゃうのはすごい!人がいなければ大丈夫だけど。たくさん人のいるとこで目隠しなしで授乳しちゃうの??
Commented by はる at 2010-07-25 14:15 x
はじめは隠すの。
そのあと、ケープを取ってもTシャツとかでぎりぎり隠れるから、
ささッと授乳、
のつもりなんだけど、落ち着かなくて、
子どもギャン泣きし、収集つかなくなること多し(笑)
焦ってるのってすぐに伝わるんだよね。

一番はじめに突っ込もうと思ってたのにしそびれた・・・ビルマのたわごと。
Commented by barrameda at 2010-07-25 14:45
はるさん

子供のギャン泣きって親の平衡感覚狂わせるよね。
店で子供が泣き出すとわけの分かんないもの買って帰って来たり買う物忘れたり。
で、こっちがアタフタすると本当に伝わる…
道に子供の靴が片一方だけ落ちてたりするのって、ありゃ必然だよね。
親も落ちたのなんて気づかない時が多々あるもん。

ビルマのたわごと、おもろいやろー!女の子の事を最後に書いたからたわごと。ははは。
Commented by のりこ at 2010-07-28 17:57 x
ローイエットのお寺でこういうステンドグラス風の仏様を見たことがあるよ。
すごくキレイだった。また行きたいんだけど場所も名前もわからない。

そうか、透明感か・・・
ハマちゃんに言いつけてやるっ!
Commented by barrameda at 2010-07-28 18:22
のりこさん

ローイエット、あのへんはきっと何もないから「ステンドグラスで綺麗な寺」って言えば、ツクツクで30Bで行けるよ!
ステンドグラスって古いの方が有り難みあるよね、ここのはピカピカで綺麗なんだけど、ズーンとこなかった。

ハマちゃんに言いつけるのだけは!はっ!はっ!それだけは!
ハマちゃんは透明感があんまりなかった(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


頭の中は夢がいっぱい。


by barrameda

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

diario
andalucia
asia
fotitos
viaje
comida
camara
maternidad
育児
モノ・物欲

最新のコメント

スクムビット様 こ..
by barrameda at 15:31
写真を見ていると、真夏の..
by スクムビット at 09:17
nikon_leica..
by barrameda at 13:16
持ち運びで便利なもの、丁..
by nikon_leica at 12:19
nikon_leica..
by barrameda at 19:26
帰国されているのですね。..
by nikon_leica at 12:19
こんにちは。 コメント..
by barrameda at 02:03
青空エステサロンの産毛抜..
by sukhumvit-asok at 21:07
はじめまして こんにちは..
by barrameda at 10:17
はじめまして。 スクム..
by ヒョウちゃん at 22:20

以前の記事

2019年 04月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月