Un momento

今年は写真機をデジタルに本格的に移行した為、撮影枚数が膨大な量になりました。先日も豚肉を買いに近所のマーケットに行く際、今日は決定的瞬間があるかなー、と思わずカメラをポケットにしのばせたものの帰宅するとつかみ所のない写真を120枚くらい撮影していたり。昔、ポジフィルムを使い始めた頃は値が張るので一枚一枚集中して撮影していました。36枚撮り終わるとクタクタになっていた頃が懐かしいです。フィルムもバカにならない物で3、40本ザックに入れてアジアに行くと移動が億劫になって結局バンコクから何日も動けなくなったり。でも銀塩の方がやっぱり楽しかったなぁと最近つくづく思うのでした。
e0100152_8562229.jpg

e0100152_8565089.jpg

e0100152_8571241.jpg

e0100152_8574834.jpg

最近、ハトを撮影することに熱中。GRD片手に東洋人がバカ面でハトを追っかけて広場で右往左往しているので奇異な目で見られます。見たきゃ見ろ!という境地になっています。
by barrameda | 2006-12-29 09:19 | diario | Comments(4)
Commented by chin-shu at 2006-12-29 18:09 x
またこれからも良き写真をお願いします。
鳩を追っかけるアジアン。いいではないですか。
奴らも尻ですか。日本の巨乳信仰は独自なものでしょうかね。
尻から太股。飽きませんなァ。
Commented by barrameda at 2006-12-29 23:48
私は鳩がいまいちで首周りの玉虫色がなんとも。と思っていたのですが
よくよく見てみると、とぼけた顔をしていてなかなか平和の象徴も捨てたもんじゃないなと思うようになりました。鳩はともかく一点に神経を注ぐ作業というのは偏執病に陥りがちです。ファーブルもオカシな人だったんやろか、フランスでは全く評価されず無名なのだとか。尻から太股のほうが俄然健康的、道徳的ですな。
Commented by chin-shu at 2006-12-30 22:14 x
GP、コテンパンにやられて帰ってきました。
元旦の朝イチの新幹線で帰省しようと思います。
今回は「東京ばなな」くらいしか土産がありません。
京王閣も鳩の群れでした。
ここの煮込みは絶品なのです。白と黒あり。
貴君にもご賞味いただきたいB級グルメであります。
Commented by barrameda at 2006-12-31 01:58
道中長いですから気をつけて帰省してください、新幹線、元日は空いているといいですね、こちらは町中ガラガラです。国土面積は日本とほぼ同じで
人口が三分の1です。ユーロ高になる理由が分かりません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


頭の中は夢がいっぱい。


by barrameda

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

diario
andalucia
asia
fotitos
viaje
comida
camara
maternidad
育児
モノ・物欲

最新のコメント

はじめまして こんにちは..
by barrameda at 10:17
はじめまして。 スクム..
by ヒョウちゃん at 22:20
こんにちは。コメントあり..
by barrameda at 21:56
このお節は興味深いです。..
by sukhumvit-asok at 07:24
戻ってきてから連日雨が降..
by barrameda at 12:15
写真の薄暗さに、バンコク..
by sukhumvit-asok at 22:33
こんばんは。 たぶん、..
by barrameda at 22:38
日本に来て膜が剥がれ落ち..
by sukhumvit-asok at 21:21
どーも! 是非、皆んな..
by barrameda at 10:14
タイの街中ではこんな扱い..
by barrameda at 11:58

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月