カテゴリ:comida( 71 )

淡雪

淡雪_e0100152_06082593.jpg

huawei mate10pro


ノンカーイ、メコン川からすぐの古いラートナーのお店。

ラートナーにありがちなギンギンの味付けではなくて素朴な田舎の味で非常に好感持てました。

店主のおじさん、おばさんも丁寧至極であります。


by barrameda | 2019-09-27 08:38 | comida

HUA SENG HONG

HUA SENG HONG_e0100152_09454443.jpg
ricoh theta v

久しぶりに友人家族とHUA SENG HONG(和成豊)に行って参りました。
ヤワラーの方ではなくてプナウィティの店の方です(スクンビット101)。
ヤワラー本店はどうも、ツーリストを相手にしているせいか味も店の雰囲気もガタっと落ちるのですが
こちらはローカルを相手にしているので違う店かと思う程にサービスも行き届いています。
この日は北京ダックとフカヒレ、点心等つまみながらビールをしこたま頂きました。
北京ダックもフカヒレもヤワラーのスカラよりも美味です。
駅からも近く子供のプレイルームがあるのでバイテックの帰りなど家族で立ち寄るのに丁度良い店であります。
HUA SENG HONG_e0100152_10373436.jpg
HUA SENG HONG_e0100152_10374339.jpg
HUA SENG HONG_e0100152_10375149.jpg
HUA SENG HONG_e0100152_10375607.jpg
HUA SENG HONG_e0100152_10380039.jpg
HUA SENG HONG_e0100152_10381096.jpg

HUA SENG HONGやヤワラー随一の金行、
和成興(HUA SENG HENG)など金行から財を成した系列の店が多くありますが、
先日HUA SENG HENGの黎明期の写真や金の鋳造に使う型、キロバーに打刻する昔の打刻印等を
展示する言わばHUA SENG HENG回顧展のようなものをシープラヤーで行っており見学して参りましたが
今日、大きくなっている潮州系財閥は当時から実直な商いをしていたんですね。
先住シャム人の考えが及ばない程の先見性があったことを改めて認識致しました。
タイもこの規模で華人が移住していなかったらラオスのような国だったのかと思うと、痛し痒しであります。






by barrameda | 2019-09-16 10:43 | comida

ユアンミーパンパオ

ユアンミーパンパオ_e0100152_10352627.jpg
ユアンミーパンパオ_e0100152_10333862.jpg
ユアンミーパンパオ_e0100152_10332149.jpg
ユアンミーパンパオ_e0100152_10332576.jpg
ユアンミーパンパオ_e0100152_10331899.jpg


バンコクもなかなかに美味しいバミー屋が増えて来たけど、ここのバミーは頭一つ抜けてます。
スティサンとマハーチャイ通りのプラトゥー・ピーの近くの2店舗展開で(ティップサマイから歩いて3分くらい)
ここはプラトゥー・ピーの方で6月に開店したばかり。
麺もワンタンも自家製でムーデーンも赤くなくてムーグロープもカリンカリンであります。

それから、それから個人的に非常に気になったのが鎮座していたBluetoothスピーカー。
BOSEやJBL、harmankardonの類ではなくて、今人気が出つつあるMarshallのBluetoothスピーカーでありました。
これがふくよかで温もった音がする。しかもバミー屋なのに確信犯的にChet Bakerが。
昔から続く「THE シャム」的な店もいいんですが、こういう若い人が真面目に研究した店も(卵の黄身も真ん中なんですよ↑)
増えるといいですね。




by barrameda | 2019-08-12 21:49 | comida

チェンマイ、カフェめぐり・7

チェンマイ、カフェめぐり・7_e0100152_13470567.jpg
最後はニマンヘミン・ソイ17のFlour flourです。
wifiもない小さな店で席数も10席程度という小ぶりな店構えですがパンの質が雲上級。
全て天然酵母でグルテンフリー、ジャムや野菜はオーガニックで本気で美味しい。
強力なやる気を感じる。
チェンマイ、カフェめぐり・7_e0100152_13471694.jpg
私はタイ人のやる外国文化は模倣の域をほぼ脱することがない
(そもそも綺麗な水と新鮮な野菜やフルーツに溢れていて日常からして切磋琢磨はあまりしない)。
…と常々思っていたのですが、ここのパンのレベルは他の店の様々とは根本から違ってました。
もしかするとオーナーは長期に亘って外国に暮らし勉強された方なのかも。
パン以外にもコーヒーの味はもちろん店の内装や器も須らく削ぎ落とし感が感じられて私には理想の店でした。
チェンマイ、カフェめぐり・7_e0100152_13473026.jpg
日によってメニューも変わりまくりですが甘系も全て外れなく美味です(特にアンパン)。
パンに思い入れの強い方は是非に。
毎日休みなく営業されてます。
人気店で座席数もチェンマイの中では極端に少ない店なので午前中の早いうちが吉かと思われます。
そんなこんなでチェンマイ、カフェめぐりはおしまい。




by barrameda | 2018-04-26 10:31 | comida

チェンマイ、カフェめぐり・6

チェンマイ、カフェめぐり・6_e0100152_13004678.jpg
Woo cafe chiangmai、ここは常に賑わってます。超人気店。
先月3月が1周年のアニバーサリーだったようです。
本店は台湾の高雄にあるようで台湾人女性を多く目にしました(眼福)。
ふんだんな生花も全て本物で二階まである広いスペース(2階はギャラリーです)に加え照明も凝りに凝っていて
屋内のカフェで空間的にここを超える店はなかなかないのではないでしょうか。
スイーツに力を入れてますが、カオソーイやソムタム、カオパット等の一般的なタイ料理もあります(高めです)。
チェンマイ、カフェめぐり・6_e0100152_13011000.jpg
給仕さん達も子供達に良心的に対応してくれて幾度となく通いました。
その際毎回必ず注文したのがこのアップルクランブル。絶品です。
新鮮な生クリームとカスタードクリームが添えられてくるのですが、甘さが少なくバランスが素晴らしい。
リンゴが酸味の強いものだったのも奏功してます。
チェンマイ、カフェめぐり・6_e0100152_13021419.jpg
コーヒーももちろん最高に美味しいのですが、お茶にも力をいれていてライチ烏龍茶とマンゴーブラックティー
(普洱茶の一種かと)が斬新でした。
チェンマイ、カフェめぐり・6_e0100152_13024195.jpg
チェンマイ、カフェめぐり・6_e0100152_13025749.jpg
チェンマイ、カフェめぐり・6_e0100152_13032420.jpg
チェンマイ、カフェめぐり・6_e0100152_09263481.jpg

チェンマイ、カフェめぐり・6_e0100152_13045977.jpg
チェンマイ、カフェめぐり・6_e0100152_13044379.jpg
営業時間が10時amから10時pm迄ですが、
お昼頃から激混みになってきますので午前中に行くのが良いかと思われます。
ワロロット市場から15分程の徒歩圏内です。Uberも便利ですな。

深更まで赤提灯でくだをまいて擦り切れて行くことに至極の歓びを見出す私ですが、
子らに促され早朝から散策、丁寧に淹れたコーヒーで1日を始めるのも悪くないと再認識した次第であります。
甘々で食傷気味ですが、次回でカフェめぐり最後です。

by barrameda | 2018-04-20 09:50 | comida

チェンマイ、カフェめぐり・5

チェンマイ、カフェめぐり・5_e0100152_22565484.jpg
Akha ama coffee本店。
ワット・プラシン近くに2号店があるのですが、こちらのお店の方が広いので居心地がいいです。
ここはあくまでもカフェで食べ物は少ないのですがその分(生豆の生産、流通、ロースト全て自社)コーヒーがとても美味しい。
この日のケーキはマンゴーチーズケーキ(3月4月はマンゴーが旬です)とニューヨークチーズケーキのみでした。
コーヒーはホット、アイス共全て美味ですが
Black Juiceという水出しコーヒーはなかなか飲めない逸品であります。
チェンマイ、カフェめぐり・5_e0100152_22571232.jpg
チェンマイ、カフェめぐり・5_e0100152_11245250.jpg
豆も売っております。3サイズで右側のが1Kgで左が500g。
価格はそれぞれ600バーツ、320バーツです。写っておりませんが250gもあってそちらは180バーツ。
250gの粉(180バーツ)もあり、粉はマシンかハンドドリップかで粗さを調節してくれます。
私はここのストロングローストを買ってバンコクの自宅で飲んでおります。
チェンマイ、カフェめぐり・5_e0100152_11354727.jpg
Akha ama coffee本店はニマンヘミンまで出なくてはなりませんが、周辺が静かなので落ち着いて休めます。
晴れた暑い日でなければ旧市街から丁度良い距離であります。
ちなみに上階はMata Apartment。
緑の多いこじんまりとしたアパート、短期で泊まってみたいのですが人気があってなかなか空きがありません。

by barrameda | 2018-04-19 11:08 | comida

チェンマイ、カフェめぐり・4

チェンマイ、カフェめぐり・4_e0100152_18565139.jpg
My secret cafe in Town ワット・プラシンから近いAkha ama coffeeの2号店の裏手辺りにある店です。
チェンマイ、カフェめぐり・4_e0100152_18570158.jpg

チェンマイ、カフェめぐり・4_e0100152_18570919.jpg
チェンマイ、カフェめぐり・4_e0100152_18571899.jpg
良いカフェで料理も美味しいのですが、チェンマイのカフェレベルが高く雑然とした印象が残ってしまいました。
最初に行ってたらまた違っていたと思うんですが、Sala cafeやWoo cafeに行った後だったのであからさまな開放感を欲してしまう。

贅沢言っちゃいかんよ、とは思うんですがチェンマイの広々とした庭の木々、花々に囲まれたカフェで
アボカドレアチーズケーキなんかをもしゃもしゃ頬張りながら、挽きたての濃いぃドリップコーヒーを飲んでいると
屋内で空調の効いたカフェは僅かばかり窮屈であります。
美味しいんだけど。

by barrameda | 2018-04-18 11:00 | comida

チェンマイ、カフェめぐり・3

チェンマイ、カフェめぐり・3_e0100152_13142720.jpg
ワロロット市場から程近いThamel coffee。
まあ、名前の通りでカトマンズってな風。
一人で訪れて静かな席を確保できたら、かなり落ち着いて過ごせそうです。
特筆すべきところもありませんが、ネパールランプが美しかったことに加え、
チャイがまことソルティで本場ふうであります。
チェンマイ、カフェめぐり・3_e0100152_13144015.jpg
この立体造形はどうやって作るのか皆目わかりません。飴っぽい。
チェンマイ、カフェめぐり・3_e0100152_13144909.jpg
ランプは全て非売品。
問い合わせも多いと思うので販売すれば人気が出そうな気がしました。
仕入れとか値段設定とか面倒なのかも。
面倒、億劫… で、そういう感じの… 
様々放置気味の店というのは店主の思想が人生縮小傾向にあり、
私はやはり身持ちが軽くなったようで居心地がいい。
チェンマイ、カフェめぐり・3_e0100152_13150727.jpg
ワロロット市場ですがお約束のケープムー(豚皮の素揚げ)と一緒に食べるナムプリック・ヌム
(ケープムー共々チェンマイ発祥なんだそうです)の美味いのがたくさん売ってます。

by barrameda | 2018-04-17 08:35 | comida

チェンマイ、カフェめぐり・2

チェンマイにはカフェやベーカリーが400軒以上もあり、欧米人がオーナーのウエスタンフードも軒を連ねております。
が、なんといってもカオソーイを忘れちゃあいけない。
チェンマイ、カフェめぐり・2_e0100152_22450425.jpg
カフェっぽい画像を、と思っておりましたがまずはカオソーイを載せねばと思い至った次第であります。
有名どころのカオソーイ屋は殆ど行き尽くしたんですが、
ここだけは空前絶後に美味だったのであえて地図とともに載せてみます。

チェンマイ、カフェめぐり・2_e0100152_22495849.jpg
店の看板料理は上の画像にあるとおりカオカームーでありますが、
ここのカオソーイはカオカームー屋であるからして八角風味のトロトロ鶏肉が入っているんです。
ほんでもってココナッツがくどくなく、カレー粉の量も適量でナムプラーが負けない感じです。
チェンマイ、カフェめぐり・2_e0100152_22484806.jpg
娘さんが東京に留学中で超絶親切な女将さん。

カオソーイというチェンマイの料理は、連日連夜食べてみるかという気にはなれない
重めの一品だと思うんですが、ここのお店は毎朝ワット・プラシン詣での前に立ち寄っておりました。
布のテーブルクロスが(タイは一般的な食堂のクロスはビニールか、そもそもそんなものない)
毎日交換されるという清潔なお店であります。
チェンマイ、カフェめぐり・2_e0100152_22522090.png
チェンマイ警察署から歩いて2分程、朝は8時前から営業してます。

by barrameda | 2018-04-16 08:33 | comida

チェンマイ、カフェめぐり。

1月のチェンマイが矢鱈と心地良かったので、妻と子供たちを連れてチェンマイを旅して来ました。
10日余りの限られた時間の旅でしたが、妻の大きな目的であるカフェめぐりが素晴らしく実り多いチェンマイとなりました。
チェンマイ、カフェめぐり。_e0100152_16101107.jpg
我が家は息子→娘→私と誕生日が3日連続で続くのですが、今年は誰一人の誕生日をも祝う時間が取れず
てんやわんやでしたのでチェンマイでまとめてお祝いと致しました。
チェンマイ、カフェめぐり。_e0100152_16141699.jpg
カフェめぐり、などと言いつつも最も気に入ったのが前回の滞在時から足繁く通った「雲南新友飯店」。
ここの揚饅頭はクセになります。
チェンマイ、カフェめぐり。_e0100152_16144195.jpg
チェンマイ、カフェめぐり。_e0100152_16150535.jpg
チェンマイ、カフェめぐり。_e0100152_16151773.jpg
つづく〜
次回からはカフェっぽい画像にします。

by barrameda | 2018-04-15 16:28 | comida


頭の中は夢がいっぱい。


by barrameda

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

diario
andalucia
asia
fotitos
viaje
comida
camara
maternidad
育児
モノ・物欲

以前の記事

2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月

 

その他のジャンル