<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

メコンをさかのぼってチェンカーンへ 2

メコンをさかのぼってチェンカーンへ 2_e0100152_10501091.jpg

チェンカーンの続きです。到着してすぐに先日の宿に向かったのですが…
メコンをさかのぼってチェンカーンへ 2_e0100152_10514148.jpg

ドアノブの調子が悪いので、ちょっと一時間程散歩でもしてきてくださいな、と言われました。
メコンをさかのぼってチェンカーンへ 2_e0100152_10523959.jpg

まぁ、予約が立て込んでいる程人気のある宿なので今更移るのもな…と考えて朝食を食べに出ました。
メコンをさかのぼってチェンカーンへ 2_e0100152_10532764.jpg

お約束のバジル炒めご飯。朝から食べても美味しいです。最近は目玉焼きを必ずのせてます。
ちなみに「目玉焼き」日本語では目玉のようなので「目玉焼き」と言いますが、タイ語では星のようなので「星玉子」です。
星の王子さまみたいですな。
メコンをさかのぼってチェンカーンへ 2_e0100152_10541140.jpg

食後、店を変えてオレンジシェイク。店の女将さん(四十代半ばほど?)に非常に歓待され、滞在中、バイクを無料で貸してくれました。
妹さんが長野に嫁いで日本の印象が最高によろしいのだそうな。ラッキー。
オレンジシェイクを美味しくいただきドアノブは直ってるかな〜、と宿に戻りました。

宿に戻ると男手が必要だったらしくオーナーのおっさんが一階のレセプションにおり、
「ドアはパーフェクトにしておいたからな」と親指を立てて言い放ち颯爽とバイクで立ち去りました。
よかった、これで一安心。シャワーでも浴びてゆっくり休むかな。と…
メコンをさかのぼってチェンカーンへ 2_e0100152_10551281.jpg

へ? こ、これは!

お ま え は ア ホ か ? (右側が部屋の内部です、わかりますよね?)

私がアホなのか?オヤジがアホなのか? はたまたアイロニーたっぷりのギャグなのか?
なるほど!表の世界は私のパーソナルスペースで鍵を掛けて入り、私の部屋は皆が自由に行き来するパブリックな世界な訳か…
という事は、外面を作って行動するのは屋内。外に出たらドヘーっとリラックスしなさいという事なのね…
朝からヘビーな人生訓であります。悟りをひらいたような人ならそのように行動できるんじゃろか。
メコンをさかのぼってチェンカーンへ 2_e0100152_10553413.jpg

部屋は文句なく清潔で居心地は最高、治安も問題なさそうだったのでドアはそのままにして滞在しました。
メコンをさかのぼってチェンカーンへ 2_e0100152_10561333.jpg

インド綿のベッドカバーっていうのはコレです。この生地で上着かなんか作りたいですね。

チェンカーンシリーズ続きます。
by barrameda | 2009-11-23 10:57 | viaje

メコンをさかのぼってチェンカーンへ

メコン川に沿って北イサーンを旅しておりました。
メコンをさかのぼってチェンカーンへ_e0100152_11471616.jpg

まずは腹ごしらえですね、ノンカーイのバスターミナルで。
メコンをさかのぼってチェンカーンへ_e0100152_11473527.jpg

いくつかルートがあるのですが、今回の往路はもっともポピュラーなウドンタニ〜ルーイ〜チェンカーンの順。
メコンをさかのぼってチェンカーンへ_e0100152_11501851.jpg

ウドン〜ルーイのバス。ピンク色です。ローカルバスだけど極端に丈の短いスカートのガイドさんでも同乗してくれそうな色であります。
ノロノロ運転でルーイに着いたのは日が暮れてからでした。その日のうちにチェンカーンに着きたかったのですが。
メコンをさかのぼってチェンカーンへ_e0100152_1158836.jpg

仕方がないので不本意ながらルーイ泊。標高が高く最もタイで温度が低くなる地域です。といっても0度くらいですけど。
ワインで有名だったので楽しみだったのですが、意外に都会でワインをゆっくり飲む気が起きず断念。粥とビールをひもじくすすって早々に寝ました。
翌朝は早く起きて一路チェンカーン。
メコンをさかのぼってチェンカーンへ_e0100152_1213896.jpg

サムローのおじさんに「チェンカーンに行きたいんだけど、バスターミナルまで」
と行ったら「今なら通学用のバスが学校の前にいるよ」と言われよくわからないうちに学校に連れて行かれました。
サムロー代もバスターミナルまでと距離も値段も変わらなかったので善意だったんだな。
メコンをさかのぼってチェンカーンへ_e0100152_1241038.jpg

田舎道を飛ばします。すぐに着くだろうと思って何も口にせずにチェンカーン行きソンテウに乗り込んでしまったのですが、結局二時間以上もかかりました。
ルーイに泊まらずに来てたら八時間ちかくトータルでかかっていたので昨晩は一泊して正解でした。
メコンをさかのぼってチェンカーンへ_e0100152_1244882.jpg

未舗装の道になってしばらくして無事にチェンカーンに到着しました。
メコンをさかのぼってチェンカーンへ_e0100152_12571743.jpg

古い町並みを残すゆったりとした所です。
メコンをさかのぼってチェンカーンへ_e0100152_131698.jpg

外国人にはマイナーらしく観光客の98パーセントはタイ人でした。日本人は皆無。
メコンをさかのぼってチェンカーンへ_e0100152_12551660.jpg

タイ人の旅行者がほとんどの町だったので、着いた当日はバンコク周辺から遊びに来た学生さん達とビールを浴びる程飲みました。
「あまり有名な所は行かないんですね」と学生さんに言われ「はい、ヤソトーンに二ヶ月住んでたくらいですからね」と言ったらドッと笑われました。
現地の(彼らはBKKでしが)人達に混ぜてもらって色々と歓談するのは楽しい経験でした。
中に一人考える青年がおり、「シンプルライフは重要ですよね」と言うので「そうですね」と言うと「あなたはそういった場所に生活しなくてもその生活が可能でしょうか」と言うので「場所ではなくて大切なのは脳でしょう」(私は既にすごく酩酊)と言いましたら、彼は「大切なのは脳ではなく知性ですよっ」と言ったので「そうだね!知性に乾杯」とわけの分からぬ事を言ってまた彼と乾杯して飲み続けました。
着いて早々に二日酔いです。
メコンをさかのぼってチェンカーンへ_e0100152_12402286.jpg

位置づけとしては日本でいう金沢みたいな感じでしょうか。

''
by barrameda | 2009-11-20 12:40 | viaje

recargando…

最も気に入っている部屋で一人静かに過ごしてきました。
recargando…_e0100152_1344934.jpg

recargando…_e0100152_13241671.jpg

recargando…_e0100152_13504321.jpg

裏手には小さな山があって、部屋の前には小川が流れています。
シーツやベッドカバーは手織りのインド綿。完全な静寂と相思相愛で眠ることができる気分です。
こんな素敵な場所があるんだなぁ、とつくづく思います。
by barrameda | 2009-11-17 14:19 | viaje

一姫二太郎三なすび

や〜、小舟に揺られながらせせらぎの上をスルスルと酒飲みたいっスね〜
一姫二太郎三なすび_e0100152_1017947.jpg

このところ前後不覚になるほどバタバタと慌ただしかったのですが、少しだけ落ち着いたので車で一時間程の町に行って好きなものを好きなだけ食べて来ました。
一姫二太郎三なすび_e0100152_10122624.jpg

まずは美味しいカレー屋へ。インド人が作っています。
チーズナン
一姫二太郎三なすび_e0100152_10145463.jpg

ガーリックナン
一姫二太郎三なすび_e0100152_10193876.jpg

チキンティッカマサラカレー
一姫二太郎三なすび_e0100152_1022303.jpg

マトンキーマカレー 不思議とそそられる中華柄。
一姫二太郎三なすび_e0100152_1030527.jpg

カレーの後はお気に入りのカフェ。シンプルで快適なアジアンスタイルを地で行ってます。
ここはいつ来ても最高に落ち着きます。
一姫二太郎三なすび_e0100152_10322798.jpg

私はコーヒーの薫りよりも美味しいコーヒーを飲んだことがなかったのですが、ここのは本当に美味しいです。
私感ですけど、アイスコーヒーは銀座の椿屋珈琲店よりも美味しいですよ。
従業員の方も非常に細やかな気配りのできる方のみで、常に物音をほとんどたてずにグラスやカップを置いてくれます。
ガムシロップとミルクの取っ手の位置も常に客の方向に向けてくれます。
一姫二太郎三なすび_e0100152_10344964.jpg

オーナーの方もお子さんがいらっしゃるので、ゆりかごが置いてあります。今回初めて使わせて頂きました。
一姫二太郎三なすび_e0100152_10383534.jpg

気に入ったようです。いつもこうだといいんですが。
一姫二太郎三なすび_e0100152_10401512.jpg

日に日に不二家のポコちゃんに似て来ています。
泣いたら三十秒以内に抱きしめています。抱き癖をじゃんじゃんつけています。過保護街道一直線。
一姫二太郎三なすび_e0100152_1045134.jpg

チョコではありません(古い?)一粒一粒、従業員の方がハンドピッキングで豆を選別しています。
一姫二太郎三なすび_e0100152_10472128.jpg

庭に出てみるとこんなものが。私にはうさぎに見えるのですが、いかがでしょう?
口の小石が三日月型なところを見ると小さい子供の仕事には見えませんよね。
一姫二太郎三なすび_e0100152_10484014.jpg

コーヒーの後は近所のパン屋へ。オーナーはフランス人です。
ここのクロワッサン、危険な美味しさです。持ち帰り分も買ってしまいましたが、もっと大量に買っておかなかったことを後悔しました。
一姫二太郎三なすび_e0100152_10503757.jpg

この店はカップやコーヒーメーカーをフランスから輸入して使っているようでした。
そのせいかもしれませんが、活気ある店内がヨーロッパのバルの音なんです。
朝のバルの音って言ったらいいのでしょうか、カチャカチャと食器の当たる音とミルクスチーマーの音で一瞬で引き戻されてしまいました。
一姫二太郎三なすび_e0100152_10523077.jpg

ケースのライティングにこだわりを感じます。やる気のある店だな〜という感じです。
客層も8割が欧米人でしたね。
一姫二太郎三なすび_e0100152_10534235.jpg

で、最終的にあひる麺。

今回は気軽に撮れるかなと思ってGR DIGITALを持参です。
初代なのでスペックはもう太刀打ちできない程に古いのですが、いいカメラです。フットワークに影響しますね。
喫茶店やパン屋って21mmや28mmと相性がいいです。
by barrameda | 2009-11-10 10:59 | viaje

静かな生活

静かな生活_e0100152_1893217.jpg

静かな生活_e0100152_1810113.jpg

静かな生活_e0100152_18102888.jpg


nikon F3 sigma 14mm F3.5
fuji superia premium 400
by barrameda | 2009-11-07 18:11 | fotitos

うすらさむい

うすらさむい_e0100152_2244153.jpg


nikon F3 sigma14mm f3.5
fuji superia premium400

うすらさむい_e0100152_1124059.jpg

雨期が終わった途端、急激に寒くなりました。最高気温23度です!少し体調悪し。く〜っ
学研『大人の科学』買いです!
by barrameda | 2009-11-03 23:15 | fotitos

ペパーミント・ブルー

ペパーミント・ブルー_e0100152_19295190.jpg

クリックで伸びます。
nikon F3 sigma 14mm f3.5
fuji superia premium400

ただいまジクレープリントに挑戦中。カンバスに吹くのでこんなイメージ↑になる予定なんですけど。

ロイカトーン、始まりましたね。今年は娘がいるので灯籠流しはちょっと無理っぽいです。散歩を楽しんで来るとするかな。
by barrameda | 2009-11-02 19:58 | fotitos

君は天然色

君は天然色_e0100152_1483531.jpg

君は天然色_e0100152_1494043.jpg

君は天然色_e0100152_1501215.jpg

nikon F3 sigma14mm f3.5
fuji superia premium 400

過ごし易くて快適な乾季に突入致しました!
フルーツシェイクを飲みながらの朝夕の散歩が楽しみです!今日は地元の仲間とさぬきうどんパーティー。

娘に歯がはえてきました。人間になってしまうんですね〜、嬉しいような寂しいような。
いつまでも赤ん坊でいて欲しい気持ちもありあり。  今年も残すところ二ヶ月。
by barrameda | 2009-11-01 01:57 | fotitos


頭の中は夢がいっぱい。


by barrameda

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

diario
andalucia
asia
fotitos
viaje
comida
camara
maternidad
育児
モノ・物欲

以前の記事

2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月

 

その他のジャンル